禁厭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

禁厭(まじない、きんえん)とは、日本在来の呪術のことである。神道では、大国主神少彦名神を禁厭の祖神としている。

日本書紀』では、鳥獣や昆虫の害を払うためにそれ除去する呪いを(両神が)定めた旨の記述があり、農耕に関わる禁厭であった事が分かる。

江戸時代国学者である伴信友が著した『方術考説』には

「マジナヒ、こは物実を構えて、それにまじこり肖しめむと、のろひてする術、但しノロヒは凶からしむ方にのみするを此は吉凶ともにするなり」

とあり、その物実を「マジモノ」というとある。

関連項目[編集]