祭りのあと (桑田佳祐の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桑田佳祐 > 祭りのあと
祭りのあと
桑田佳祐シングル
初出アルバム『TOP OF THE POPS
B面 すべての歌に懺悔しな!!
リリース
規格 8cmCD
カセットテープ
12cmCD
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音 猫に小判STUDIO
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐
プロデュース 桑田佳祐
ゴールドディスク
  • ゴールド(シングルトラック、日本レコード協会)[2]
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1994年11月度月間6位(オリコン)
  • 1994年12月度月間9位(オリコン)
  • 1994年度年間91位(オリコン)
  • 1995年度年間69位(オリコン)
桑田佳祐 シングル 年表

(1994年) 
祭りのあと
(1994年)
奇跡の地球
1995年
TOP OF THE POPS 収録曲
ヨイトマケの唄
(12)
祭りのあと
(13)
ミュージックビデオ(Full ver.)
「祭りのあと」 - YouTube
ミュージックビデオ(Short ver.)
「祭りのあと」 - YouTube
テンプレートを表示

祭りのあと」(まつりのあと)は、桑田佳祐の楽曲。自身の5作目のシングルとして、タイシタレーベルから8cmCD1994年10月31日に発売された。

2001年6月25日に12cmCDとして再発売をしている。2016年2月26日にはダウンロード配信、2019年12月20日にはストリーミング配信を開始した[3][4]

背景・リリース[編集]

前作「」から2か月ぶり、アルバム『孤独の太陽』から1か月ぶりとなる作品[5]

本作の発売以降はソロでライブ活動を行ったり、1995年1月にはMr.Childrenとコラボした「奇跡の地球」(桑田佳祐&Mr.Children名義)を発売した。同年5月には再びサザンオールスターズとして活動を再開している[5]

収録曲[編集]

  • 収録時間:9:14
  1. 祭りのあと (4:53)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐 & 小倉博和
    日本テレビドラマ静かなるドン』主題歌。自身出演のキリン『JIVE』CMソング。TBSラジオ爆笑問題カーボーイ』エンディングテーマソング。
    歌謡曲のテイストを感じさせるメロディが切なく響く楽曲[6]。とてもていねいに作られた日本的感覚のロッカ・バラードともいわれている[7]
    ミュージック・ビデオは当時行われた全国ツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR'94 "さのさのさ"』のライブ映像を中心に構成され、この曲を熱唱したり、ステージで派手に暴れ動き回るシーンのほかにもリハーサル、移動中、楽屋などのオフショットも収録された[8]
    back number清水依与吏はこの曲を気に入っており、自身の作風にも影響を与えたことを述べている[9]
  2. すべての歌に懺悔しな!! (4:20)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐 & 小倉博和)
    自身出演のキリン『JIVE』CMソング。
    アルバム『孤独の太陽』からのシングルカット。
    斉藤和義はこの曲を気に入っている[10]。また、スージー鈴木はこの曲での桑田のボーカルを圧倒的にかっこいいと評している[11]
    一方で論争も起こり、この曲の歌詞が長渕剛矢沢永吉を揶揄していると決めつけられマスコミなどで話題になり、桑田は記者会見を開き報道を否定し釈明する事態となった。矢沢は桑田を気遣う対応をしたが、長渕は桑田を糾弾する発言をし、最終的に1995年1月24日に長渕が大麻取締法違反で逮捕されて、事態が一気に沈静化するまで論争が続いた[12][13]

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

ミュージック・ビデオ収録作品[編集]

カバー[編集]

祭りのあと

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数40万枚以上の作品に適用。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ The Record vol.422 p6 日本レコード協会 2020年11月11日閲覧
  2. ^ The Record vol.693 p14 日本レコード協会 2020年11月11日閲覧
  3. ^ 桑田佳祐“還暦記念” ついにソロ全211曲配信解禁 オリコン 2016年2月26日配信・閲覧
  4. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  5. ^ a b 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p12
  6. ^ 【いつの日も流れるメロディ】日本のトップシンガー桑田佳祐名曲、人気曲20選2019年12月28日配信 2021年8月26日閲覧
  7. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p180
  8. ^ 桑田佳祐 ソロ30周年記念ベスト・ミュージックビデオ集『MVP』 - 特設サイト
  9. ^ Rooots!”. HBCラジオ. 北海道放送 (2014年4月12日). 2018年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月4日閲覧。
  10. ^ 「別冊カドカワ 総力特集 桑田佳祐」p64 - 67より。
  11. ^ スージー鈴木「サザンオールスターズ 1978-1985」(2017年 新潮新書 P161)
  12. ^ 日刊スポーツ』1994年11月28日分
  13. ^ 長渕剛 元マネジャーが提訴!暴力裁判で噴出した「鉄拳制裁」タブー(1)意味不明な鉄拳制裁にスタッフが振り回され…”. 芸能. アサヒ芸能 (2014年7月1日). 2014年12月9日閲覧。
  14. ^ 中島美嘉 全新録カヴァーアルバム発売決定! 玉置浩二/スピッツ/桑田佳祐らに「ご縁返し」 ビルボードジャパン 2017年6月24日閲覧

外部リンク[編集]