神野紗希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神野 紗希(こうの さき、1983年6月4日 - )は、俳人愛媛県松山市に生まれる。松山東高等学校時代に放送部に所属、俳句甲子園を取材したことをきっかけに俳句を始めた。2001年、第四回俳句甲子園にて団体優勝、「カンバスの余白八月十五日」が最優秀句に選ばれる。2002年、第一回芝不器男俳句新人賞にて坪内稔典奨励賞を受賞。同年、句集『星の地図』を刊行。2004年4月よりNHK俳句王国』司会を担当(2010年3月まで)。現代俳句協会幹事(2016年)。

2011年、江渡華子、野口る理とともに俳句ウエブマガジン「スピカ」立ち上げ。2012年、句集『光まみれの蜂』を刊行。『星の地図』からの若干の再録を含めた上でこれを第一句集とした。2013年、俳人の高柳克弘と結婚。同年よりNHK俳句の初心者向けコーナー「俳句さく咲く!」の選者を月一回務める。2014年現在、お茶の水女子大学大学院博士後期課程に在籍し近・現代俳句の研究をしている。前掲句のほか、よく知られている句に「起立礼着席青葉風過ぎた」「寂しいと言い私を蔦にせよ」などがある。

著書[編集]

  • 『星の地図』(2002年、まる書房)
  • 『光まみれの蜂』(2012年、角川書店
  • 『これから始める俳句・川柳 いちばんやさしい入門書』(水野タケシ共著、2014年、池田書店
  • 『30日のドリル式 初心者にやさしい俳句の練習帳』(2015年、池田書店)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]