神野吾郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神野 吾郎(かみの ごろう、1960年8月29日 - )は、日本実業家中部ガス代表取締役社長、サーラコーポレーション代表取締役社長、豊橋商工会議所会頭

豊橋神野新田の開拓をした初代神野金之助婿養子である神野三郎[1]のひ孫[2]。父は元中部ガス社長でサーラグループ名誉顧問の神野信郎

人物[編集]

愛知県豊橋市出身。愛知県立豊橋南高等学校を経て、慶應義塾大学商学部へ入学。同大学卒業後、三井信託銀行(現・三井住友信託銀行)を経て、中部ガスに入社。

2000年にガステックサービスの社長に就任。2002年中部ガスグループ(現・サーラグループ)の持株会社としてサーラコーポレーションを設立し社長に就任。2012年に中部ガスの社長に就任。

2016年に株式交換により中部ガスおよびサーラ住宅をサーラコーポレーションの完全子会社とし、エネルギー、エンジニアリング、住宅、不動産、リフォーム、輸入自動車販売、動物医薬品販売などの事業の多角化を推進した[3]

また、地域経済においては豊橋商工会議所会頭、中部経済同友会幹事、東三河地域研究センター理事長などを務める。

略歴[編集]

公職[編集]

  • 1998年1月 - 社団法人豊橋青年会議所理事長
  • 1999年4月 - 中部経済同友会幹事(現在)
  • 1999年5月 - 中部経済連合会常任政策議員(現在)
  • 2009年6月 - NPO法人穂の国森づくりの会理事長(現在)
  • 2015年10月 - 公益社団法人東三河地域研究センター理事長(現在)
  • 2016年11月 - 豊橋商工会議所会頭(現在)
  • 2017年4月 - 国立大学法人豊橋技術科学大学理事(現在)
  • 2017年6月 - 学校法人愛知大学理事(現在)

脚注[編集]

  1. ^ 神野新田の管理をするため分家し、牟呂吉田村(現・豊橋市)に移り住んだ。以後、三郎の家系は豊橋神野家と呼ばれる。
  2. ^ 菊池浩之『日本の地方財閥30家』64-65頁、ISBN 4582856306
  3. ^ 「ナゴヤが生んだ名企業」. 日本経済新聞. (2017年3月23日)