神谷洵平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神谷洵平(かみや じゅんぺい、1983年1月30日 - )は日本ドラマーシンガーソングライター静岡県静岡市清水区出身東川亜希子とのユニット「赤い靴」のメンバー。

来歴[編集]

ドラマーであった両親の影響で5歳よりドラムに触れ始める。リズムに惹かれながら、幼少時代を過ごす。ピアノギターで作曲を開始。

高校時代、吹奏楽部パーカッションを担当。Beckの作品と出会い、宅録を開始。大学進学を機にバンド、ハヤオキX(2004年解散)の活動を開始。作曲はほぼ神谷が担当。

メンバーはシンガージャンク フジヤマギターには羊毛とおはなの羊毛が在籍していた)。また、当時ジョン・ブライオンの作品と出会い大きな影響を受ける。

2004年にバンド月球を結成。その傍らバンド「フリーボ」のサポート、羊毛とおはなのサポート等、プロ活動を開始。

2008年より大橋トリオのサポートドラマーとして活動開始。コトリンゴPredawnのサポートを始め、各所でドラミングを行う。

2012年、持田香織ライブ、レコーディングサポート。トータス松本ライブサポート(ウルフルズ再始動前のラストツアー等)に参加。また、星野源東京大阪のライブに参加したのを機に、親交を深め、度々レコーディングにも参加している。

2014年、矢野顕子「飛ばしてゆくよ」ツアーメンバーに抜擢される。同メンバーでサマーソニックにも出演。メンバー紹介では矢野から「Happiest drummer」と紹介される。

2010年頃からフジロック、サマーソニック、ROCK IN JAPAN FESTIVALなど、各地大型フェスに度々出演。2012年のROCK IN JAPAN FESTIVALでは、大橋トリオ、トータス松本、Predawnといった音楽性の違う3アーティストのステージを一日に出演。

現在、アメリカのドラムメーカー、C&C Drumsと日本人唯一のエンドース契約を結んでいる(2011〜現在)。

自身のユニット、赤い靴では作詞、作曲、編曲プロデュースを行う。

2011年7月20日、自身のプロデュースによる赤い靴ファーストアルバム『コマドイルの旅』をリリース。[1]

2012年4月4日、セカンドアルバム『サラバトーゲの街』リリース。

2013年、6曲入りEP、『イノリーマスの森』リリース。

2016年には3年ぶりのフルアルバム「AKAIKUTSU」をリリース。Beastie Boysキーボディストマニー・マークLA在住のアーティストYouhei ShikanoとのLAレコーディングトラックを含む。

製作では、主にアレンジ、プロデュース、ミックスまでを行う。

ライブサポート[編集]

  • Michael Kaneko

ほか

レコーディング[編集]

  • コトリンゴ アルバム『picnic album 1』 /ミニアルバム 『La memoire de mon band wagon』/アルバム『ツバメ・ノヴェレッテ』/アルバム『birdcore!』/ 『Edible melodies〜TVアニメ「幸腹グラフィティ」オリジナルサウンドトラック〜』 全編参加
  • Predawn Live DVD nectarian night 、アルバム Absence 全編参加
  • V6 アルバム『The One』 M10「The Ones」
  • 野宮真貴 『30~Greatest Self Covers&More!!!~』 M11「悲しい歌」
  • 片平里菜 『最高の仕打ち』 M5「船漕ぐ人」
  • 住岡梨奈 アルバム『watchword』ハマオカモトプロデュース曲に2曲参加
  • 吉澤嘉代子 アルバム『幻倶楽部』/『彗星図鑑』/『秘密公園』
  • 吉田山田 『吉田山田』 M5「泣いて泣いて」/シングル『君に逢いたいな』
  • 南波志帆 『乙女失格』 M9「anselm」/アルバム「Sparkjoy」
  • あいみょん 『ハッピー *』/シングル『愛を伝えたいだとか』 M2
  • カコイミク アルバム『RAFT』 M3「イン・ザ・ダーク イン・ザ・ライト」 M10「よごれた靴」

Piano plays Disny Kan Sano &Jumpei Kamiya 名義で参加

  • 映画『PとJK』 サウンドトラック

楽曲提供[編集]

  • 羊毛とおはな
    • 「イニミニマニモ」 - アルバム『どっちにしようかな』収録
  • 大橋トリオ
    • 「アンジュリア」/「So pretty」 - アルバム『TEN』収録
  • ジャンク フジヤマ
    • 「パズル」/「モノクロ」/「Morning Kiss」/「Summer Breeze」/「はじまりはクリスマス」/「僕の女神」/「優しい名前」、「ゆっくり歩こう」/「雨上がりの向こうに」「EGAO」/「 Night Walker」/「魅惑の唇」「聖夜の微笑み」/「星屑のパイプライン」

ディスコグラフィー[編集]

  • 2004年 月球 - アルバム『コントラスト』
  • 2007年 月球 - ミニアルバム『ロマンティビティー』
  • 2011年 赤い靴 - アルバム『コマドイルの旅』
  • 2012年 Ryo hamamoto&the Wetland-アルバム「Ryo hamamoto&the Wetland」
  • 2012年 赤い靴- アルバム『サラバトーゲの街』
  • 2013年 赤い靴- ミニアルバム『イノリーマスの森』
  • 2016年 赤い靴- アルバム『AKAIKUTSU』

キーボーディストマニー・マークをゲストに迎えるなど、LAレコーディングを含む全10曲収録。

エンドース[編集]

2011年、アメリカのドラムメーカーC&C Drumsの日本人初のエンドース契約を開始[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]