神谷一心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神谷 一心
(かみや いっしん)
誕生 1980年????
職業 小説家
推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 同志社大学法学部法律学科卒業
活動期間 2015年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞(2014年)
デビュー作 『たとえ、世界に背いても』(2015年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

神谷 一心(かみや いっしん、1980年[1] - )は、日本小説家推理作家

経歴・人物[編集]

同志社大学法学部法律学科を卒業する[1]2004年行政書士試験に合格する[1]2009年奈々愁仁子(ななしゅう にこ)名義で応募した「精恋三国志Ⅰ」が第16回電撃小説大賞の電撃文庫MAGAZINE賞を受賞する[1][2]2014年、「たとえ世界に背いても」で第7回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞する(優秀作は、金澤マリコベンヤミン院長の古文書」)[3][4]。選考委員の島田荘司は、「優れた文章力で読者を一気に結末まで引っ張ってくれる」と評価している[4]2015年、同作を『たとえ、世界に背いても』と改題し刊行。

作品リスト[編集]

  • たとえ、世界に背いても(2015年5月 講談社

奈々愁仁子名義[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 福ミス第7回受賞作発表!! | 福山ミステリー文学新人賞│島田荘司選
  2. ^ AMW 第16回 電撃大賞 入賞作品
  3. ^ 作家・島田荘司が選ぶ 「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」受賞作が発表 - ITmedia eBook USER
  4. ^ a b 「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」に大阪の神谷さん 広島 - 産経ニュース