神話 (大栗裕)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神話』(しんわ)は、大栗裕が作曲した交響詩

概要[編集]

吹奏楽版(1973年作曲)と、管弦楽版(1977年作曲)があり、前者を「吹奏楽のための神話」、後者を「管弦楽のための神話」と呼び、ともに「天の岩屋戸の物語による」という副題をもつ。「吹奏楽のための神話」は1989年音楽之友社から出版されて以来絶版となっていたが、2013年原典版が出版され、「管弦楽のための神話」も2016年に原典版が出版された。手書きのフルスコアは、大阪フィルハーモニー交響楽団内の「大栗文庫」所蔵。

基本情報[編集]

吹奏楽のための「神話」〜天の岩屋戸の物語による[編集]

大阪市音楽団の創立50周年を記念して作曲し、1973年9月26日に開かれた記念演奏会において永野慶作の指揮、同団の演奏により初演された。

管弦楽のための「神話」〜天の岩屋戸の物語による[編集]

朝比奈隆の依頼によって、1977年に上記の版を管弦楽に編曲した。1978年に朝比奈指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏で初演された。

楽曲[編集]

演奏時間は約16分。天岩戸における「岩戸隠れ」の神話を「かなり即物的に」再現したものである。

曲はアダージョで始まり、暗い響きで、天照大神が隠れてしまったことで暗闇に包まれた世界を表わす。暗闇の中に次第に神々が集まってくると、常世長鳴鳥(とこよのながなきどり)の鳴き声が弱音器を付けたトランペットコルネットファンファーレで表現される。

打楽器のリズムを合図にテンポを上げてアレグロ・モルトとなり、天宇受売命が踊り、神々がそれをはやし立てるさまを描写する。途中に現れるアンダンテの部分は、天岩戸の中で外を気にし始めた天照大神の姿を描く。再びアレグロとなって踊りが再現されると、戸を開けてしまった天照は連れ出される。再びアンダンテとなると、今度は明るい響きとなり、世界が光を取り戻した情景を描いて曲を終える。

参考[編集]

  • 大阪市音楽団『ジャパニーズ・バンド・ミュージックIV 大栗裕作品集』(東芝EMI、TOCF-6018)解説(樋口幸弘、1999)

外部リンク[編集]