神西城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
神西城
島根県
別名 龍王山,竹生城,高倉城
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 神西氏
築城年 不明
主な城主 神西氏
廃城年 不明
遺構 郭、堀切
指定文化財 なし

神西城(じんざいじょう)は、現在の島根県出雲市東神西町にあった日本の城

概要[編集]

築城時期は不明。 神西氏の居城で尼子十旗の一つに数えられる。 神西氏は武蔵七党の小野氏を祖とし、鎌倉時代に小野高通が幕府から地頭職に任ぜられ、出雲国神門郡の神西へと下向したのが始まりとされる。 戦国時代神西元通が著名である。

遺構[編集]

公園として整備され、いくつかの登山ルートが整備されている。 山頂の主郭部の他にも広範囲に郭が分布しているが、大半の郭の加工が不十分である。

アクセス[編集]

関連項目[編集]