神経言語プログラミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

NLP

view

神経言語プログラミング(しんけいげんごプログラミング、神経言語学的プログラミングとも, Neuro-Linguistic Programming: NLP)は、ジョン・グリンダー(言語学者)とリチャード・バンドラーによって提唱された、コミュニケーション、能力開発心理療法へのアプローチを目指す技法である。人間は客観的な現実を理解することはできないというポストモダン的な立場を取り、個人の主観性・主観的な経験に大きく焦点を当てた自己啓発の体系を持つ[1]信念を、能力・行為・環境の間、アイデンティティスピリチュアリティの間にあると考え、信念を変えることで真の潜在能力を発揮できるようになることを目指す[1]。神経言語プログラミングという名称は、人間の行動は神経学的な過程から始まること、人間は考えをまとめたり他者と交流するのに言語を用いること、人間は自分が望む結果を出すために自身の行動、自身の脳を「プログラムする」ことができるという3つの概念を含んでいる[2][3]

成功者たちの行動をモデル化することから着想されており、彼らと同じようにすることで同程度の優秀さを発揮できると主張している[1]。人間は自分の信念を選び、変えることが可能であること、なりたい自分になる能力があり、それはNLPの技術によって達成可能であることが信じられている[1]。信念の本質というより機能が重視されており、信念が本当であるか嘘であるかは注目されず、それがその人を力づけるか否かが重要であると考えられている[1]。 様々なコミュニケーションや説得技術が教えられ、 動機付けや自己改革に自己催眠を使うことが強調されている[3]。健康な人や病気の人、個人または企業に対して効果を発揮することができるとされている[3]

NLPは、効果を実証するには不十分な経験的証拠しかないため、学術的な信頼性には問題があり[4]、一般の社会科学からはおおむね無視されている[4][5]心理学者神経科学者[6]言語学者[7][8]からなる批判者たちからは、NLPという名前、コンセプト、使用する用語が問題にされ、無批判に受け入れられる極端な心理療法または疑似科学と考えられている[9][4][5][10][11][12]。当初の批判から数十年たっているが、NLPの効能に関する説得力のある経験的実証英語版は表れなかった[9]。科学者からは、現在の神経理論とは矛盾しており、すでに否定されている古いメタファーに基づいていると指摘されている[13][14]。このように、科学的には評価されていないが、催眠療法士や組織開発のセミナーやワークショップを提供する企業の一部などによって販売され続けている[9][15][16]。理論や手法が付け加えられ続けたため、近年では初期とはかなり異なった混沌としたものになっている[3]

信念の力が重視されるため、宗教学者からはスピリチュアリティの領域に関わりを持つとみなされている[1]社会学人類学等の学者達は、ヒューマンポテンシャル運動ニューエイジにおける準宗教(a quasi-religion)と分類しており、民間信仰の一形態と考える学者もいる[17]。宗教団体が人々を改宗させるためにNLPの技術を利用していることがあり、NLPの団体がそれを放任していることもあるが、宗教に関しては基本的に中立で、ある宗教的信念が個人の信念を阻害しようとするものでなければ、その宗教の領域に関わることはない[1]

グリンダーとバンドラーは、成功者、心理学、言語、コンピュータ・プログラミングに興味を持っており、ロバート・キャロルによると、NLPは、意識的な思考や行動に無意識が常に影響しているというフロイトの思想、フロイトの夢の解釈で用いられる手法に主に基づくメタファーを秘めた振舞いと話し方、ミルトン・エリクソンが発展させた催眠療法に多くを負っており、グレゴリー・ベイトソンノーム・チョムスキーの仕事などからも影響を受けている[3]

グリンダーとバンドラーの協働は1980年代には終わり[18]、1981年にバンドラーがグリンダ―とその会社に商業活動の停止と損害賠償を求めて訴え[19] 、2000年末まで知的財産権に関して争議が続いていた[20]。長年に渡る紛争と和解の結果、神経言語プログラミングおよびNLPという名称を当事者の誰も所有しておらず、提供することに何の制限もない[21][22][23][24][25]

歴史[編集]

NLPを始めたジョン・グリンダー(言語学者)とリチャード・バンドラーが出会ったのは、アメリカのカリフォルニア大学サンタクルーズ校で、グリンダーは言語学の助教授、バンドラーは心理学(数学と書かれることもある)の学生であった。

1980年代初頭、NLPは心理療法とカウンセリングの重要な進歩ともてはやされ[10] カウンセリング研究や精神医療から一定の注意を惹いていた。NLPが紹介された頃は、セラピー上の突破口と予告され、業界紙に訓練ワークショップ、ビデオ、本の広告が出始めていた[10]NLPは心理治療の現場で使用され、のちにビジネスや教育などの分野でも応用された。[要出典]

1980年代中頃になると、「カウンセリング心理学ジャーナル」 (The Journal of Counseling Psychology)[11]や、全米研究評議会などで[26]PRSやNLPの仮説には、支持するデータや、実証できる基礎的データがほとんどまたは一切ないことが発表された。PRSに焦点を当てたクリストファー・シャープリーの「カウンセリング心理学ジャーナル」での研究発表は[27]、 NLPにカウンセリングツールとしての有用さを証明するものはほとんど無いと結論づけた。1998年には、マイケル・ヒープも、客観的で公正な調査においてNLPが主張するPRSを支持するものは一つもなかったとの結論に達した[5]

元々心理療法の世界で、短期的なセッションでも効果をもたらすブリーフセラピーの一つとして広まった。以降、心理療法のみならず医療、教育、政治、スポーツ、ビジネスなどの分野で活用している場合がある。近年、独自の座学教習をほとんど持たずロール・プレイングの課題も固定化しがちなコーチングが、NLPの教習や演習を取り入れたり、名称自体をNLPコーチングとしたりするケースがみられる。また、NLPの技法を多く含む民間会社の資格や自己啓発セミナーも出現している。[要出典]

またNLPは、自己啓発セミナーであるエアハード式セミナートレーニング英語版(略称:est、エスト)や、estの創始者であるワーナー・エアハード英語版を危険であると主張したため[28]、当初は自己啓発セミナーに批判的な人々によって支持され広められるという性格を有した[要出典]。しかし、世界的な知名度を得るにつれて、コーチングや自己啓発セミナーがNLPを取り込んで共存し始めた[要出典]。今日では、NLPは心理士資格商法の一種、場合によっては自己啓発セミナーの変種であるという認識が一般化している[要出典]

小久保温によると、日本には、感受性訓練などを日本に導入した立教大学のキリスト教教育研究所(Japan Institute of Christian Education:JICE)経由で、1970年代終わり頃に紹介されたと思われる[3]ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズら当時の優れたセラピストたちの、常人には真似することの難しい治療技術を解析し、誰でも使えるように秘訣を明らかにした画期的な方法であるとして伝えられた[3]。ゲシュタルト療法と関係者が重複していたこともあり、初期においては臨床心理学者たちが積極的に翻訳・紹介しており、カウンセリングの一手法としてアカデミックに捉えられていた[3]。一部の自己啓発セミナーの関係者・元関係者らが積極的に導入しており、日本ではセラピストと自己啓発セミナーの関係者・元関係者の間でよく知られている[3]

現状[編集]

NLPで教えられたことをそのまま受け入れる人、セミナー、著作が多数ある一方で、一般の社会科学にはまったく採り上げられていない[4]。NLPの主張する理論やどう機能するのかを研究する試みはあったが、その数は少なく、販売されているNLP関連書籍などの販売部数との差がかなりある[4]

2008年時点で、NLPを臨床で使う科学者・研究者たちが、このような実証不足を憂い、リサーチプロジェクトを立ち上げている[29]

昨今ではアフガニスタン紛争の兵士[30]やサラエボ[要出典]でのPTSD対応・治療で、NLPが使用された。

形成過程[編集]

NLPは、当初、バンドラーとグリンダーが出会い、天才的な人や苦難から立ち直った人がどのように人に有効な影響を与えているのか、どのような言語、非言語のパターンがあるかを研究し始めたことからスタートする。最初は、ゲシュタルト療法フリッツ・パールズ (enの研究から始まった。パールズが執筆中であったゲシュタルト療法についての本の基礎的な部分については、すでに執筆が終わっており、臨床編はパールズの治療ビデオに基づいて編集するはずだったが、突然の死去という不運に見舞われ、20代前半のバンドラーがビデオから臨床編を執筆した。バンドラーとグリンダーがこのビデオ研究から当初5つのパターンを見出した。二人のメンターであったグレゴリー・ベイトソンの助言もあり、家族療法ヴァージニア・サティア催眠療法ミルトン・エリクソンについても研究し、新たに7つのパターンを抽出し、12のパターン(メタモデルの元となる)を完成させた。

具体的技法[編集]

神経言語プログラミングのアプローチは、現在さまざまな団体でセミナーが行われている。 様々なNLPの研究家がアプローチを付け加えた結果、内容は多岐にわたるようになっている。 また、医療的なアプローチについて学会等でも発表はある[31]。また、NLP技能の臨床的な治療効果について医学誌に原著論文として受理されており、その中で河野は、「5歳~30歳代のPTSD患者8名に対してリソースアンカリングやフォビアプロセスなどのNLP技法を実施し、1回目セッション直後の効果と3ヵ月以上経過時の効果を調査した。効果の評価方法は、本人の自覚症状と家族への聞き取りを基に4段階(「著明改善」「改善」「不変」「悪化」)で判定した。結果、1回目セッション直後の効果は「著明改善」1名(13%)、「改善」7名(88%)で、「不変」「悪化」はなかった。3ヵ月以上経過時には「著明改善」4名(50%)、「改善」4名(50%)で、「不変」「悪化」はなかった。これらの結果から、NLP技法は幼児などの低年齢層にも効果があり、適応があると考えられた。」と述べた[32]

不快な記憶を思い出しづらくするための、クイックレシピや、人々の確信の度合いを測るためのレシピなどがある。それは計算機科学という時代のパラダイムを経た上での手法である。例えば、不快な記憶を思い出しにくくするレシピは、ある入力に対して、が不快感を覚える。それはその人の情報処理の結果、または処理中の状態として、不快感を覚えていると解釈する。それはまた神経科学的な内物質の化学的な反応でもある。その入力に対する反応を、望ましい状態へとコントロールするための、人為的な処理を施すためのレシピである。具体的には、自分が何を感じているかを、各モーダルチャンネル(五感+言語の脳の入出力チャンネル)毎に丁寧に検証し、分析する。例えば、そのとき聴いた音は、右の方からきこえたか、左の方からきこえたか、音量はどうだったか、その音にはどのようなイメージが感じられるか。そのときの視覚的記憶はどのような色彩か。そのイメージは大きく感じられるか、小さく感じられるか。現在の身体感覚はどのように感じられるか、といった具合である[33]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g Major, 宮坂清訳 2009, pp. 559-561.
  2. ^ Major, 宮坂清訳 2009, p. 559.
  3. ^ a b c d e f g h i 神経言語プログラミング(neuro-linguistic programming) (NLP) Skeptic's Dictionary ロバート・キャロル 翻訳: 小久保温
  4. ^ a b c d e Peter Hartley (1999) "Chapter 10: How useful are 'popular' models of interpersonal communication?" in Interpersonal Communication 2nd edition; Routledge, United Kingdom. p162-180. ISBN 978-0-415-18107-5 [This issue of professional credibility leads me to my final point - the way these systems have been largely ignored by conventional social science.(p.180)]
  5. ^ a b c Heap. M., (1988) Neurolinguistic programming: An interim verdict. In M. Heap (Ed.) Hypnosis: Current Clinical, Experimental and Forensic Practices. London: Croom Helm, pp.268-280.
  6. ^ Corballis, MC., "Are we in our right minds?" In Sala, S., (ed.) (1999), Mind Myths: Exploring Popular Assumptions About the Mind and Brain Publisher: Wiley, John & Sons. ISBN 0-471-98303-9 pp. 25-41 (see p. 41)
  7. ^ Stollznow.K (2010). “Not-so Linguistic Programming”. Skeptic 15 (4): 7. 
  8. ^ Lum.C (2001). Scientific Thinking in Speech and Language Therapy. Psychology Press. p. 16. ISBN 0-8058-4029-X. 
  9. ^ a b c Thyer, Bruce A.; Pignotti, Monica G. (2015-05-15). Science and Pseudoscience in Social Work Practice. Springer Publishing Company (社会福祉実習の科学と疑似科学). pp. 56–57, 165–167. ISBN 978-0-8261-7769-8. https://books.google.com/books?id=nE9FCQAAQBAJ&lpg=PA166&vq=nlp&pg=PA166#v=onepage&q&f=false. "As NLP became more popular, some research was conducted and reviews of such research have concluded that there is no scientific basis for its theories about representational systems and eye movements." "In the more than 20 years that has elapsed since the aforementioned article(1987), to date there is no convincing empirical evidence on the efficacy of NLP." 
  10. ^ a b c Devilly GJ (2005). “Power therapies and possible threats to the science of psychology and psychiatry”. Australian and New Zealand Journal of Psychiatry 39 (6): 437-45. doi:10.1111/j.1440-1614.2005.01601.x. PMID 15943644. http://www.devilly.org/Publications/Power_Therapies_-_Published.pdf. 
  11. ^ a b Sharpley, Christopher F. (1 January 1987). “Research findings on neurolinguistic programming: Nonsupportive data or an untestable theory?”. Journal of Counseling Psychology 34 (1): 103–107. doi:10.1037/0022-0167.34.1.103. 
  12. ^ Witkowski, Tomasz (1 January 2010). “Thirty-Five Years of Research on Neuro-Linguistic Programming. NLP Research Data Base. State of the Art or Pseudoscientific Decoration?”. Polish Psychological Bulletin 41 (2). doi:10.2478/v10059-010-0008-0. 
  13. ^ von Bergen, C. W.; Gary, Barlow Soper; Rosenthal, T.; Wilkinson, Lamar V. (1997). “Selected alternative training techniques in HRD”. Human Resource Development Quarterly 8 (4): 281–294. doi:10.1002/hrdq.3920080403. 
  14. ^ Druckman, Daniel (1 November 2004). “Be All That You Can Be: Enhancing Human Performance”. Journal of Applied Social Psychology 34 (11): 2234–2260. doi:10.1111/j.1559-1816.2004.tb01975.x. 
  15. ^ Witkowski, Tomasz (1 January 2010). “Thirty-Five Years of Research on Neuro-Linguistic Programming. NLP Research Data Base. State of the Art or Pseudoscientific Decoration?”. Polish Psychological Bulletin 41 (2). doi:10.2478/v10059-010-0008-0. 
  16. ^ Dowlen, Ashley (1 January 1996). “NLP – help or hype? Investigating the uses of neuro-linguistic programming in management learning”. Career Development International 1 (1): 27–34. doi:10.1108/13620439610111408. 
  17. ^ Wayne Chung Master the Nlp Yoga Now Kirin International A.G. 2017 p34
  18. ^ Frank Clancy; Heidi Yorkshire (1989). “The Bandler Method”. Mother Jones Magazine (Mother Jones) 14 (2): 26. ISSN 0362-8841. http://www.american-buddha.com/bandler.method.htmlpg=PA26 2013年5月24日閲覧。. 
  19. ^ Not Ltd v. Unlimited Ltd et al (Super. Ct. Santa Cruz County, 1981, No. 78482) (Super. Ct. Santa Cruz County 29 October 1981). Text
  20. ^ Grinder, John; Bostic St. Clair (2001). “Appendix A”. Whispering In The Wind. J & C Enterprises. ISBN 0-9717223-0-7. 
  21. ^ Hall, L.Michael (2010年9月20日). “The lawsuit that almost killed NLP”. 2013年6月12日閲覧。
  22. ^ NLP Archives – Frequently Asked Questions about NLP”. 2013年6月12日閲覧。
  23. ^ NLP Archives – Frequently Asked Questions about NLP”. 2013年6月12日閲覧。
  24. ^ Trademark Status and Document Retrieval” (2013年6月13日). 2013年6月14日閲覧。
  25. ^ Trademark Status and Document Retrieval” (2013年6月13日). 2013年6月14日閲覧。
  26. ^ Druckman and Swets (eds.) (1988) Enhancing Human Performance: Issues, Theories, and Techniques, Commission on Behavioral and Social Sciences and Education National Academy Press. doi:10.1002/hrdq.3920010212
  27. ^ Sharpley, C.F. (1984). Predicate matching in NLP: A review of research on the preferred representational system. Journal of Counseling Psychology, 31(2), 238-248.
  28. ^ グリンダー & バンドラー 『リフレーミング -心理的枠組の変換をもたらすもの-』 (星和書店) 初版57頁。
  29. ^ NLP Research and Recognition Project (2008年). “NLP Research and Recognition Project - Just another Attayn Sites”. Attayn. 2013年4月28日閲覧。
  30. ^ Caroline Wyatt (2009年6月23日). “Veterans now fight mental battle”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/8114145.stm 2013年4月28日閲覧。 
  31. ^ 河野 政樹、村松 智美、田中 篤 [災害・事故後の PTSD に対する神経言語プログラミング(NLP)による治療効果についての検討 http://www.jisinsin.jp/documents/program110831.pdf#page=47] 第29回 日本小児心身医学会学術集会プログラム (2011年9月17日(土)第4会場) 2013年2月12日閲覧
  32. ^ 河野 政樹 [災害・事故後のPTSDに対する神経言語プログラミング(NLP)による治療経験(原著論文 広島医学 (0367-5904)65巻8号 Page561-564(2012.08受理)]
  33. ^ 『望む人生を手に入れよう―NLPの生みの親バンドラーが語る 今すぐ人生を好転させ真の成功者になる25の秘訣』-"Get The Life You Want" The Secrets to Quick & Lasting Change- 白石 由利奈 (翻訳), 角野 美紀 (翻訳) 、エル書房、2011年

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • リチャード・バンドラー, ジョン・グリンダー『リフレーミング―心理的枠組の変換をもたらすもの』 ISBN 4791101693

関連項目[編集]