神経がワレル暑い夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神経がワレル暑い夜
PIERROTシングル
初出アルバム『PRIVATE ENEMY
B面 神経がワレタ寒い夜
*自主規制
リリース
ジャンル ロック
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 キリト
チャート最高順位
PIERROT シングル 年表
AGITATOR
(2000年)
神経がワレル暑い夜
(2000年)
PARADOX
(2001年)
テンプレートを表示

神経がワレル暑い夜」は、日本のバンドPIERROTの、メジャーで発売された7枚目のシングル。

概要[編集]

本作は同じ楽曲のメロディに、異なる歌詞・異なるアレンジを乗せて、時間の経過という表現を試みた意欲作。 1曲目の「神経がワレル暑い夜」と、2曲目の「神経がワレタ寒い夜」がこの試みに該当する。

3曲目の「*自主規制」は、インディーズ時代にライブ会場で無料配布され、以降入手困難な音源となっていた「HAKEN KREUZ」の再録である。

「*自主規制」とはタイトルでは無く、HAKEN KREUZとはナチスのシンボルマークの事であり、特に欧米では公共の場での掲示、使用を法律で禁止している国もあるので、自主的に規制したという意味である。

同作リリース後にNHK「POP JAM」に出演した際には「神経がワレル暑い夜」が演奏された。

収録曲[編集]

  1. 神経がワレル暑い夜
    (作詞:キリト 作曲:キリト)
  2. 神経がワレタ寒い夜
    (作詞:キリト 作曲:キリト)
  3. *自主規制
    (作詞:キリト 作曲:キリト)
    一部、歌詞に規制音が使用されている。