神田龍身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神田 龍身(かんだ たつみ、男性、1952年4月 - )は、日本日本文学研究者学習院大学文学部日本語日本文学科教授

経歴[編集]

山梨県生まれ。学習院中等科学習院高等科早稲田大学第一文学部卒業。早稲田大学大学院文学研究科修了。静岡大学教授を経て、2000年4月より学習院大学文学部日本語日本文学科教授。2010年4月より2013年3月まで学習院大学文学部長。平安朝、中世文学専攻。『源氏物語』から中世物語に至る、セクシュアリティーを鍵とした研究で知られている。

著書[編集]

  • 物語文学、その解体 『源氏物語』「宇治十帖」以降 有精堂出版 1992
  • 偽装の言説 平安朝のエクリチュール 森話社 1999
  • 源氏物語=性の迷宮へ 講談社選書メチエ 2001
  • 紀貫之 ミネルヴァ日本評伝選 2009

共編[編集]

  • 中世王朝物語・御伽草子事典 西沢正史 勉誠出版, 2002