神田貞之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神田 貞之助
生誕 神田 貞之助
(1915-02-08) 1915年2月8日
日本の旗 日本大阪市
死没 (1997-04-23) 1997年4月23日(82歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 磁気共鳴
研究機関 神戸大学
岡山理科大学
出身校 大阪帝国大学理学部
プロジェクト:人物伝

神田 貞之助(かんだ ていのすけ、1915年2月8日 - 1997年4月23日)は、日本の物理学者神戸大学名誉教授理学博士大阪府大阪市出身[1]

物性分野の研究において、戦後早くから磁気共鳴(NMR)の研究に取り組み[2]、また神戸大学に低温実験の環境を整えた[3]

略歴[編集]

受賞歴・叙勲歴[編集]

著書[編集]

  • 電磁気学 (共立物理学講座8)』(1981年、共立出版
  • 『精選 電磁気演習 (共立物理学講座 (9))』(1983年、共立出版)

論文[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神田貞之助先生追想録編集委員会編、神田貞之助先生追想録 : 磁気共鳴を友に、1998.3.
  2. ^ 伊藤順吉 (1996-07), 50周年特別寄稿:磁気共鳴の夜明け, 日本物理学会誌, 51, http://www.jps.or.jp/books/50thkinen/50th_07/003.html 2015年7月22日閲覧。 
  3. ^ 神戸大学 研究基盤センター:極低温部門(旧 低温センター)の液化機の歴史”. 2018年3月22日閲覧。