神柱宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神柱宮
Kanbashira guu Miyakonojo Shaden 01.JPG
拝殿
所在地 宮崎県都城市前田町1417-1
位置 北緯31度43分56.6秒
東経131度04分19.3秒
座標: 北緯31度43分56.6秒 東経131度04分19.3秒
主祭神 天照皇大神
豊受姫大神
社格 旧県社・別表神社
創建 伝万寿3年(1026年)
本殿の様式 流造
別名 神柱神社
例祭 10月29日
主な神事 六月灯(夏祭)
テンプレートを表示

神柱宮(かんばしらぐう)は、宮崎県都城市にある神社である。旧社格県社で、現在は神社本庁別表神社神柱神社(かんばしらじんじゃ)ともいう。通称お神柱

境内末社として、神門神社(みかどじんじゃ)と基柱神社(もとばしらじんじゃ)の2社を擁する[1]

祭神[編集]

天照皇大神豊受姫大神を主祭神とし、左座(向かって右側)の天津彦火瓊々杵命天手力雄命、右座(同左側)の天津児屋根命(あまつこやねのみこと)万旗秋津姫命(よろづはたあきつひめのみこと)天太玉命と、5柱の神を相殿に祀る。また、境内末社の神門神社は櫛磐窓神と豊磐窓神を、基柱神社は菅原道真平季基を祀る[1]

歴史[編集]

島津荘の開拓のために大宰府より移住した平季基が、万寿3年(1026年)、天照皇大神の神託を受けて伊勢神宮より勧請したのに始まると伝えられる。以来、「島津荘総鎮守」として崇敬された[2]

明治6年(1873年)5月に県社に列し、同年10月28日現在地に遷座した。周辺は神柱公園として整備された。旧鎮座地は市内梅北町で、その跡には黒尾神社が遷座している。

戦後は神社本庁に参加し、昭和51年(1976年)7月1日にはその別表神社とされた。

脚注[編集]

  1. ^ a b ご祭神|神柱宮 宮崎県都城市の神社2013年4月15日閲覧。
  2. ^ ご由緒|神柱宮 宮崎県都城市の神社2013年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]