神村吉郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神村 吉郎(かみむら きちろう、1867年4月9日(尚泰20年3月5日) - 1942年昭和17年)1月24日[1])は、沖縄県出身の政治家実業家衆議院議員

経歴[編集]

具志川間切天願(現うるま市字天願)で、地頭代役・神村孝吉の長男として生まれる[1][2]1889年沖縄県尋常師範学校を卒業し、帝国大学農科大学実科で学び、1892年に卒業した[1][2][3]

1894年沖縄県属に就任[1][2]。その後退官し、1898年、沖縄県農工銀行創立委員となり、1899年に設立後、監査役に就任[1][2]。同年、謝花昇らと沖縄倶楽部を結成し自由民権運動に加わったが、1900年、農工銀行重役改選において支配者層につき取締役に選出された[1][2]具志川村会議員、沖縄県会議員、琉球砂糖 (株) 社長、沖縄毎日新聞社理事、沖縄共立銀行専務などを務めた[1][3]。また、中頭郡組合立農事試験場長を務めるなど、果樹、園芸、畜産の経営も行った[2]

1912年5月、沖縄県最初の衆議院議員選挙(第11回総選挙)に出馬したが落選[1]1924年5月の第15回衆議院議員総選挙で沖縄県第三区から出馬して当選し、衆議院議員を一期務めた[1][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『沖縄大百科事典』上巻、759頁。
  2. ^ a b c d e f 『沖縄県人事録』171頁。
  3. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』185頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 沖縄大百科事典刊行事務局編『沖縄大百科事典』上巻、沖縄タイムス社、1983年。
  • 楢原友満編『沖縄県人事録』沖縄県人事録編纂所、1916年。