神明神社 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神明神社
Shinmei Shrine Osaka City.jpg
本殿
所在地 大阪府大阪市大正区鶴町2丁目7-29
位置 北緯34度38分22.2秒 東経135度27分20.7秒 / 北緯34.639500度 東経135.455750度 / 34.639500; 135.455750座標: 北緯34度38分22.2秒 東経135度27分20.7秒 / 北緯34.639500度 東経135.455750度 / 34.639500; 135.455750
主祭神 天照皇大神・八幡大神・春日大神
社格 旧村社
別名 日中神明
札所等 大坂(浪速)三神明
例祭 10月17日
テンプレートを表示
鳥居

神明神社(しんめいじんじゃ)は、大阪府大阪市大正区に鎮座する神社

祭神[編集]

天照皇大神と、八幡大神春日大神を祀る。

歴史[編集]

神明神社は長らく内平野町2丁目にあり、神明宮と称し、大坂三神明の一つに数えられ、俗に日中神明と呼ばれた。もと京都西院に鎮座し、後陽成天皇勧請したもので、元和2年(1616年)に松平忠明が蝋燭町(内平野町2丁目の江戸初期の旧称)に移転して大坂城守護・三郷町中祈祷の社とし、明治維新まで祈願所とした。また、『摂津志』には窪津王子祠、一名渡邊王子というとある。

大坂三神明[編集]

(浪速三神明)

出典[編集]

  1. ^ 井上正雄「大阪府全志」(1922) 全国書誌番号:73012615