神戸 - 高松線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神戸-高松・丸亀線から転送)
移動先: 案内検索
神姫バス「ハーバーライナー」
神姫バス「ハーバーライナー」
四国高速バス「さぬきエクスプレス神戸」
四国高速バス「さぬきエクスプレス神戸」
ジェイアール四国バス「高松エクスプレス神戸号」
ジェイアール四国バス「高松エクスプレス神戸号」

神戸 - 高松線(こうべ - たかまつせん)は、兵庫県神戸市(一部大阪府大阪市)と香川県高松市を結ぶ昼行高速バス路線である。

全便座席指定制のため、乗車には予約が必要。

概説[編集]

神姫バスではハーバーライナー、四国高速バスではさぬきエクスプレス神戸(さぬきエクスプレスこうべ)、西日本JRバス、JR四国バスでは高松エクスプレス神戸号(たかまつエクスプレスこうべごう)とそれぞれ異なる愛称となっているが、高松エクスプレス京都号大阪 - 高松線と同じく民鉄系(神姫バス・四国高速バス)と、JR系(西日本JRバス、JR四国バス)できっぷ・回数券の共通化、予約・発券場所の共通化、時刻表の共通化を行っている。

本路線とほとんど重複する神戸三宮 - 高松・国分寺間に「高松エクスプレス」とペイントされた緑色のバスが走っているが、こちらは別会社であり、神戸フットバスという路線名の競合路線である。詳しくは当該ページを参照。

西日本JRバス・JR四国バスに関しては鉄道線と並行しての運行となっている。

運行会社[編集]

ハーバーライナー
さぬきエクスプレス神戸
高松エクスプレス神戸号

運行経路および停車停留所[編集]

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン - 新神戸駅 - 三宮バスターミナル(ミント神戸) - (阪神高速3号神戸線) - (第二神明道路) - (阪神高速5号湾岸線) - 高速舞子 - (神戸淡路鳴門自動車道) - (高松自動車道) - 鳴門西 - 高速引田 - 高速大内 - 高速津田 - 高速志度 - 高速三木 - 高松中央インターバスターミナル - (国道11号) - ゆめタウン高松 - 栗林公園前 - 県庁通り - 高松駅

  • 途中緑PAで休憩する(当初はJRバスのみ休憩であった)。
※ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (USJ) 発着便は下り3本、上り4本。
※下り便 <高松行> 1本は高速舞子に停車しない。
※神姫バスの運行便があるものの、神姫三ノ宮バスターミナルでの客扱いを行わない(全便三宮バスターミナルでの客扱いとなる)。

運行回数[編集]

  • 1日20往復(各社5往復)。

運賃[編集]

公式サイトを参照のこと。

2008年3月17日に一部区間について運賃値上げ(新神戸駅・三宮バスターミナル←→高松駅の往復運賃は値下げ)が行われた。原油価格高騰に加え、大阪-高松線でフットバスとの競合による値下げを繰り返した結果、距離が長い同路線よりも運賃が高い区間があった。

フットバス参入に対抗した特殊回数券が発売されていたが、2008年4月1日以降は発売額が上がるうえ、旧価格の回数券は同日以降無効となる。

歴史[編集]

  • 1999年平成11年)
  • 2001年(平成13年)
    • 3月30日 - 高松自動車道板野 - 津田東間・さぬき三木 - 高松中央間の開通に伴いルート変更。高速道路上のバス停及び高松中央インター口(現在の高松中央インターバスターミナルとは異なり、同ICの北側にあった)を供用開始。
      • 運行経路は神戸淡路鳴門自動車道 - 徳島県道12号鳴門池田線 - 高松自動車道(高松東道路専用部を含む) - 香川県道43号中徳三谷高松線 - 高松市道花ノ宮木太線 - 中央通り。
  • 2001年(平成13年)
    • 12月20日 - 丸亀バスセンター開業。ハーバーライナー/さぬきエクスプレス神戸の一部を丸亀発着に変更。
  • 2002年(平成14年)
    • 7月22日 - 高松道鳴門IC - 板野IC開通により経路変更。鳴門西停留所を新設。
    • 11月1日 - 運行経路を小変更。ゆめタウン高松、高松中央インター南停留所を新設、高松中央インター口停留所を廃止。神姫バス・四国高速バス陣営とJR陣営が共同運行となる。高松エクスプレス神戸号の一部を丸亀発着に変更。
  • 2005年(平成17年)
    • 7月17日 - 一部停留所の運賃を引き下げ。
    • 9月1日 - 高速舞子(神姫バス、四国高速バス便のみ)、高松中央インターバスターミナル(ただし乗車のみで、高松中央インター南停留所はこの時点ではそのまま)、栗林公園前停留所を新設。
    • 12月1日 - 全便が高速舞子に停車。
  • 2006年(平成18年)
    • 4月1日 - 2往復が指定日のみ琴平駅発着になる 。
    • 7月1日 - 高松中央インターバスターミナル降車停留所新設。高松中央インター南停留所廃止。
    • 8月20日 - 22往復に増便。全便が三ノ宮駅経由新神戸駅発着になる。下り便のうち5本は高速舞子通過になる。
    • 10月11日 - 三宮バスターミナルの乗降場がミント神戸1F内のバスターミナルに変更となる。
  • 2007年(平成19年)
  • 2009年(平成21年)
    • 4月1日 - 坂出駅・丸亀BTでの客取り扱いを廃止、坂出IC・善通寺ICに停留所を設け、客扱いを開始する。また高松道のバス停や高松近辺を経由しない直行便を運転開始する(神姫・四高)。また観音寺駅まで運転する「観音寺エクスプレス神戸号」(JR系、こちらも直行便の設定あり)が登場する。また、それまで途中休憩はなかったが、JRバス便のみ緑PAでの休憩を開始した。
    • 10月1日 - 坂出・丸亀・観音寺駅発着便が全て直行便になる。特定便の琴平駅発着を廃止。
  • 2011年(平成23年)
    • 6月1日 - 一部便がユニバーサル・スタジオ・ジャパン (USJ) 発着となる。
  • 2012年(平成24年)
    • 4月1日 - 全便が高松駅発着となる。
  • 2013年(平成25年)
  • 2015年(平成27年)
    • 7月1日 - 神戸アンパンマンミュージアム前停留所を廃止(実質的には6月28日乗車分が営業最終日)。

車両[編集]

各社ともハイデッカー車(神姫バスとJR四国バスの続行便の一部車両はスーパーハイデッカー車)で運行。各社の主な使用車種は以下のとおり。

車内設備[編集]

  • 4列リクライニングシート
  • トイレ
  • フットレスト(四国高速バスの空港リムジン用を除く全車両、JR四国バスの一部車両)
  • 座席間のアームレスト(四国高速バス・JR四国バスのほとんどの車両 西日本JRバスでもこれを装備した青春ドリーム号用の車両が運用に入る場合がある。)

特記事項[編集]

バスの乗車券はチケットセンター、コンビニ(ローソンファミリーマートなど)、旅行会社で事前に購入する。電話・インターネットで予約ができる。

西日本JRバス・JR四国バス運行便は全国のみどりの窓口マルス端末)でも乗車券が購入できたが、2012年3月31日乗車分をもって終了した。また、JRバス運行便は神姫バス・四国高速バスの販売窓口でも乗車券を購入できる。

神姫バス・四国高速バス運行便は、両社の販売窓口の他、旅行代理店を併設しているみどりの窓口のみで購入できる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]