神戸電鉄公園都市線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神戸電鉄 公園都市線
南ウッディタウン駅を出発した2000系電車による上り列車
南ウッディタウン駅を出発した
2000系電車による上り列車(2008年11月26日)
概要
起終点 起点:横山駅
終点:ウッディタウン中央駅
駅数 4駅
路線記号 KB
運営
開業 1991年10月28日 (1991-10-28)
最終延伸 1996年3月28日
所有者 Kobe rallway logo mark.png 神戸電鉄
使用車両 神戸電鉄#車両を参照
路線諸元
路線総延長 5.5 km (3.4 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流1,500 V 架空電車線方式
運行速度 最高80 km/h (50 mph)
路線図
路線図
停車場・施設・接続路線
KHSTa
KB29 三田駅
HST
KB28 三田本町駅
STR
三田線
BHF
0.0 KB27 横山駅
ABZlf
三田線
TUNNEL1
TUNNEL1
BHF
2.3 KB31 フラワータウン駅
BHF
4.5 KB32 南ウッディタウン駅
KBHFe
5.5 KB33 ウッディタウン中央駅

公園都市線(こうえんとしせん)は、兵庫県三田市横山駅からウッディタウン中央駅までを結ぶ神戸電鉄鉄道路線

神戸三田国際公園都市のフラワータウン・ウッディタウンの中央を貫くニュータウン路線。横山駅では新開地側から分岐し三田線三田駅方面と直通できるようになっており、福知山線(JR宝塚線)利用による大阪方面への利用に重点が置かれている。

現在は全線単線だが横山駅 - フラワータウン駅間のトンネルを除き複線化用の用地が確保されている。

なお、正式な起点は横山駅だが、列車運行および旅客案内ではウッディタウン中央駅から横山駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):5.5km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:4駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:全線電化(直流1500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 最高速度:80km/h

運行形態[編集]

すべての列車が普通列車で三田線に乗り入れて三田 - ウッディタウン中央間に運転される。ワンマン運転を行っている。

深夜を除き1時間あたり4本が運行されている。三田発の最終列車の発車時刻は0時53分発と遅く、ウッディタウン中央到着は1時を回る。

歴史[編集]

  • 1991年(平成3年)10月28日:横山駅 - フラワータウン駅間が開業。
  • 1996年(平成8年)3月28日:フラワータウン駅 - ウッディタウン中央駅間が開業。

駅一覧[編集]

  • 駅番号は2014年4月1日に導入[1]
  • 全駅兵庫県三田市に所在。横山駅分岐付近から2つ目のトンネルまでの間は駅はないが神戸市北区を通る。
  • 線内は、各駅に停車する普通のみ運転(表中省略)。
  • 線路 … ◇:単線区間(列車交換可能)、∨:ここより下は単線
駅番号 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 線路
KB27 横山駅 - 0.0 神戸電鉄三田線三田方面直通運転)
KB31 フラワータウン駅 2.3 2.3  
KB32 南ウッディタウン駅 2.2 4.5  
KB33 ウッディタウン中央駅 1.0 5.5  

将来[編集]

大阪圏における高速鉄道を中心とする交通網の整備に関する基本計画について」ではウッディタウン中央駅からカルチャータウンへの延伸が答申に盛り込まれている。また、兵庫県はさらに播磨内陸鉄道という名称でさらに粟生までの延伸を構想している。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 全駅に駅ナンバリングを導入します (PDF) - 神戸電鉄、2014年3月3日
  2. ^ 川島令三著『日本三大都市未完の鉄道路線』p.305

参考文献[編集]

関連項目[編集]