神戸市立新長田図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Library) w.svg 神戸市立新長田図書館
Kobe Shin-Nagata Municipal Library
新長田図書館
施設情報
前身 神戸市立長田図書館(1958年-1995年)
専門分野 総合
歴史・地理(おきしお文庫)[1]
事業主体 Flag of Kobe.svg 神戸市
管理運営 神戸新聞社図書館流通センター(TRC)JV連合体
延床面積 1,022 m2
開館 1995年(平成7年)12月12日
所在地 653-0835
日本の旗 日本 兵庫県神戸市長田区細田町7-1-27 市営細田住宅2階
位置 北緯34度39分35.29秒 東経135度8分40.41秒 / 北緯34.6598028度 東経135.1445583度 / 34.6598028; 135.1445583
ISIL JP-1002309
統計・組織情報
蔵書数 103,403冊 (2016年時点)
貸出数 318,313冊 (2016年度)
来館者数 203,565人 (2016年度)
年運営費 3839万1000円 (2016年度)
職員数 14人
公式サイト 神戸市:新長田図書館
備考 数値は『神戸市立図書館 事業概要 平成28年版』による
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

神戸市立新長田図書館(こうべしりつしんながたとしょかん、Kobe Shin-Nagata Municipal Library)は、日本兵庫県神戸市長田区に設置している神戸市立図書館の地域拠点館である。

2016年(平成28年)度実績では、蔵書数が103,403冊で市内11館(中央館1・地域拠点館9・分館1)中第5位、来館者数は203,565人で第10位、貸し出し冊数は318,313冊で11館中11位となっている[2]

貸し出し条件等は神戸市立図書館#貸し出しを参照のこと。

歴史[編集]

1958年(昭和33年)6月20日、長田区池田経町の観音山公園内に神戸市立図書館長田分館として開館する。1972年(昭和47年)には市立図書館の組織改編により分館から「長田区の拠点図書館」と位置付けられ、神戸市立長田図書館に改称した。

1990年代から施設の老朽化と機能拡充のため移転が検討され、1995年(平成7年)5月に新長田駅からほど近い市営細田住宅2階への移転開館と最寄り駅の名称から新長田図書館に改称することが一旦は決定する。ところが、同年1月17日に発生した阪神・淡路大震災のため移転作業が遅延し、実際の開館は12月12日にずれ込んだ。全国有数のコリア・タウンが区内に形成されている地域特性上から開館時より「韓国朝鮮図書コーナー」を設置していたが、2006年(平成14年)度には取り扱いの範囲を中国モンゴル東南アジア各国に拡大した「アジアコーナー」へリニューアルしている。

2012年(平成24年)に市内各区の地域拠点館で開設された「おきしお文庫」では各館ごとに収集テーマが設定されているが、新長田図書館のテーマは開館時からの資料収集方針を踏襲する形で歴史・地理社会)とされている[1]

当館の指定管理者を受託している神戸新聞社図書館流通センター(TRC)連合体は当館で窓口業務を行っていたTRCの契約社員が、2014年(平成26年)頃から親族や架空の名義で26枚の図書カードを不正に発行し、一度に50〜60冊の本を借りていたとして、2016年(平成28年)8月31日付でこの契約社員を諭旨退職処分にしたことを公表した[3]

アクセス[編集]

  • 653-0835 兵庫県神戸市長田区細田町7-1-27 市営細田住宅2階
JR神戸線神戸市営地下鉄西神・山手線新長田駅から北へ徒歩5分[4]。もしくは山陽電鉄本線西代駅から南へ徒歩5分[4]

市営細田住宅は1992年(平成4年)竣工、1棟72戸の耐火高層建築[5]。図書館の他、集会所や地域センターが併設されている。

周辺[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]