神戸市室内合奏団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神戸市室内合奏団(こうべししつないがっそうだん)は、神戸市により1981年に設立されたプロの弦楽合奏[1]。プロの演奏家により組織され、神戸を拠点として室内楽の普及に努めている[2]。神戸を中心に、東京大阪などで年に8回程度の演奏会が行われている。

概要[編集]

1981年地方自治体では初の弦楽合奏団として発足し、1994年神戸市演奏協会発足とともに財団法人による運営となった。1998年、ドイツの指揮者ゲルハルト・ボッセを音楽監督に迎える。2012年2月1日にボッセが大腸癌のため死去したことを受け、2013年岡山潔がボッセから音楽監督の座を引き継いだ[1]

2016年、神戸市演奏協会と神戸市民文化振興財団が合併。運営を神戸市民文化振興財団事業部演奏課に移管した。

神戸市室内管弦楽団 団員[編集]

ヴァイオリン[編集]

  • 西尾恵子(主席)
  • 森岡聡(主席)
  • 井上隆平(副主席)
  • 黒江郁子
  • 幸田さと子
  • 谷口朋子
  • 中山裕子
  • 二橋洋子
  • 荻原合歓
  • 前川友紀

ヴィオラ[編集]

  • 亀井宏子(主席)
  • 中島悦子
  • 横井和美

チェロ[編集]

  • 伝田正則(主席)
  • 田中次郎(副主席)
  • 山本彩子(副主席)

コントラバス[編集]

  • 長谷川順子

オーボエ[編集]

  • 岡山理絵

ホルン[編集]

  • 根本めぐみ

ヴァイオリン(楽友)[編集]

  • 白井圭

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]