神戸大学院生リンチ殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神戸大学院生リンチ殺人事件(こうべ だいがくいんせいリンチさつじんじけん)は、2002年3月4日日本神戸市西区で発生した殺人事件。法廷で初めて警察の職務怠慢が認定された事件であった。

事件の概要[編集]

2002年3月4日午前3時過ぎ、27歳の神戸商船大学大学院に通っていた男性が友人を車で県営団地に送った際、山口組系の暴力団「西脇組」内「末原組」組長の38歳の男とスナック経営で組長情婦の35歳の女と偶然目が合ってしまった。突然男は男性を殴り、男性が掛けていた眼鏡が飛び、男とそれを仲裁しようとした友人ともみ合いとなり、男性が警察へ通報した。しかし男性の携帯電話を女が取り上げ、さらに女が末原組に連絡し組員を呼び寄せた。30歳、36歳、37歳の組員が駆けつけ、男性とその友人に殴る蹴るの暴行を加えた。意識がほとんど無くなった男性とその友人を組員らは自分らの車の後部座席に押し込んだ。

警察への通報から16分後に神戸西警察署管轄の井吹台交番の47歳の巡査部長、31歳の巡査、神戸西警察署のパトカーから33歳の巡査部長、29歳の巡査の4名が駆けつけた。さらに通報から20分後に事件現場から一番近い有瀬交番から39歳の巡査部長、27歳の巡査が駆けつけた。男性の友人は意識がもうろうとしたまま血だらけの状態で車から飛び出し、駆けつけた警官らに必死になって助けを求め、友人が車に乗せられているかもしれないと告げた。しかし警官らは、男性の友人が血だらけであり組長や組員らにも血が付着しているという状態にもかかわらず、組員らの車のナンバーを控えるのみで組長や組員らの身体検査や車を検めず、組長らが後日出頭すると言う言葉を信じ事件は解決したとその場を立ち去ってしまった。なお警察への通報は他に2件あったものの、警官が仮眠していたという理由から通報から到着が16分、最寄りからは20分掛かったと説明している。また男性は母親と同居であったため、警官が母親に男性が帰宅しているかの確認をし、男性が帰宅していないことが判明したにもかかわらず確認を怠っていた。さらには男性が押し込められた車の窓はスモークガラスでなかったため、目視で車内の確認をすれば男性の姿が分かるにもかかわらずそれも怠っていた。

警官が立ち去った後、組長と組員と32歳組員など計6人が2km離れた空き地に男性を連れ込み、男性の体を縛った上に殴る蹴るの暴行を加えた。失神した男性に水を掛けて意識を戻させさらに暴行を加えるなど拷問のような手口だった。男性は瀕死の状態で宝光芒川の浅瀬に放置され、翌日3月5日16時20分頃、遺体となって発見された。遺体の肋骨はほとんど折られ、右後頭部が割れクモ膜下出血で意識を失った形跡もあったが、死因は凍死だった。男性は組長らが立ち去ってから数時間生存していたと見られている。なお、リンチを行った後、37歳の組員が有瀬交番に出頭するも1時間ほどの事情聴取を行っただけで帰してしまった。

男性の遺体発見から4日後の3月9日に組長らが逮捕、3月26日に事件に関与した9人目が逮捕された。

2004年3月26日、神戸地検は組長に無期懲役、他の組員ら6人に懲役21年を求刑、同年8月5日に組長に懲役20年、組員らに10年から14年、女に懲役3年、執行猶予4年を神戸地裁が言い渡した。

なお、兵庫県警は2002年4月4日に遺族に対し謝罪したが、警察内の処分が減給3ヶ月や訓戒など軽微な処分だったために苦情が殺到、2003年4月17日、遺族が管轄元の兵庫県や組長らを相手に1億4,000万円損害賠償訴訟を起こす。すると兵庫県警は捜査は適切だったと一転するが、2004年12月22日、神戸地裁が「警察が適切に職務を果たせば男性は死なずに済んだ」と指摘、兵庫県や組長らに合わせて9,736万円の賠償金支払いを命じた。兵庫県は不服として最高裁まで上告するが棄却された。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]