神徳王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神徳王(しんとくおう、? - 917年)は新羅第53代国王(在位:912年 - 917年)。姓は朴、は景暉、初名は秀宗。第8代新羅王阿達羅尼師今の23代孫、父は朴乂謙、母は貞花夫人、妃は第49代憲康王の娘である。この王から3代の間、王統が金氏から朴氏に変わっている。

912年、前代孝恭王に子がいなかったので推戴されて王位についた。

しかし、後高句麗弓裔後百済甄萱などの勢力に浸食され、新羅は衰退する一方であった。

917年、死去。陵は慶尚北道慶州市拝洞にある。