神州蛇蝎の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神州蛇蝎の会(しんしゅうだかつのかい)または神州蛇蝎の會(しんしゅうだかつのかい)は日本の右翼団体大日本帝国憲法の復原・改正を主張しているほか、日章旗・太極旗デモを始めとする「日韓クロッシング」の活動を推進している。

神州蛇蝎の會
設立 2016年(平成28年)
設立者 大江彰広
法的地位 右翼団体
本部 日本の旗 日本大阪府
所在地 右翼脱原発、反安倍政権
公用語 日本語
会長 大江彰広
重要人物 大江彰広(代表)、西ひとみ、日野智貴、野本政樹
関連組織 國體護持塾、日韓クロッシング、新政未来の党、台灣建國應援團
テンプレートを表示

概要[編集]

代表は大江彰広。メンバーには日本のこころの大阪支部地区委員[1]の西ひとみや、「エコロジー右翼プロライフ」を掲げる新政未来の党の代表[2]の日野智貴、元行動する保守運動関西地区運営[3]/ 在日特権を許さない市民の会大阪支部長[4]で今は「アジア主義・日本型社会主義」に転向[5]している野本政樹らがいる。

なお、安倍政権には批判的で街宣では脱原発種子法廃止反対などの主張が行われることもある[6]。代表の大江は安倍批判を避けている改憲派の運動を「大義なき運動」と非難[7]している。

活動[編集]

帝国憲法の復原・改正運動[編集]

大日本帝国憲法の復原・改正と日本国憲法憲法としての無効の確認が神州蛇蝎の会の主な主張であり、そのため大阪府内で定期的に街宣活動を行っている。また、同様の主張をしているときみつる会とは協調すること[8]もある。

日韓クロッシング[編集]

「日の丸・太極旗デモ」を始めとする日韓連携の反北朝鮮活動である「日韓クロッシング」を推進している団体の一つである。代表の大江が実行委員を務めた[9]大阪でのデモでは日本人や在日コリアンら約100人が参加し「独裁恐怖政治を許すな」「日韓の拉致被害者全員を今すぐ返せ」と日本語と韓国語で訴えた[10]

台湾正名運動[編集]

台湾正名運動も推進している。台灣建國應援團主催の2020 東京五輪「台湾正名」請願署名活動の後援[11]も行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 「日本のこころ」ifcon大阪
  2. ^ 生命倫理を軽視し動物性集合胚解禁を決定する安倍内閣への総辞職勧告
  3. ^ [1]
  4. ^ 元在特会幹事(大阪支部)の人事について
  5. ^ 大和民族の団結│日本人の誇りを取り戻せ
  6. ^ [2]
  7. ^ [3]
  8. ^ 皇室典範奉還!大日本帝国憲法復原改正/神州蛇蝎の会 第1回街宣
  9. ^ 東京でも「金正恩を許すな」統一日報
  10. ^ 北朝鮮の暴挙「許すな」 日韓の国旗掲げデモ産経フォト
  11. ^ 2020 東京五輪「台湾正名」請願署名活動[神戸]