神川彦松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神川 彦松(かみかわ ひこまつ、1889年12月23日 - 1988年4月5日)は、日本国際政治学者

経歴[編集]

三重県生まれ。第一高等学校卒業後、東京帝国大学法学部国際政治学を専攻する。同じ東京帝大法学部の同期に南原繁がいる[1]

1923年から東京帝国大学法学部教授。1940年皇紀2600年の記念に大正製薬創業者・初代社長の石井絹治郎らと共に皇道文化研究所を設立した。

1947年、公職不適格と認定され、東京大学を去った[2]1950年に公職不適格認定が解除され、東京大学名誉教授および明治大学教授に就任[1]1953年日本学士院会員。日本国際政治学会初代理事長、日本国際問題研究所初代所長を歴任した[1]。晩年、東京大学法学部との関係は疎遠になっていた[1]

戦前より外交文書をまとめた「日本外交文書」編纂の必要をくり返し政府に提言し、初期の編纂委員として作業を行ったことでも知られる。

長男は政治学者の神川信彦、三男に哲学者の神川正彦、さらにコピーライターの神川秀彦がいる。戦後の教え子に渡辺昭夫などがいる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『國際聯盟政策論』(政治教育協會, 1927年/復刻版, 日本図書センター, 2004年)
  • 『ビスマルク保障政策史論に就て――國際政治史論の本質及方法への一考察』(有斐閣, 1934年)
  • 『外交と国民性――特に英、仏、独を中心に』(社会教育協会, 1939年)
  • 『世界大戰原因論』(岩波書店, 1940年)
  • 『米国参戦問題』(朝日新聞社, 1941年)
  • 『近代國際政治史(上・中・下1-2)』(實業之日本社, 1948年-1950年/原書房, 1989年)
  • 『国際政治学概論』(勁草書房, 1950年)
  • 『日本外交の再出発――祖国の自由と独立のために』(鹿島研究所出版会, 1960年)
  • 『日本政治の再出発――祖国の自由と民主化のために』(鹿島研究所出版会, 1961年)
  • 『日本の新しいイメージ――日本国民の自主憲法のあり方』(鹿島研究所出版会, 1964年)

編著[編集]

  • 『山田教授還暦祝賀論文集』(有斐閣, 1930年)
  • 『外交史論文集――立教授還暦祝賀』(有斐閣, 1934年)

共編著[編集]

  • 横田喜三郎)『國際條約集』(岩波書店, 1941年)
  • 市川正明)『南北統一への道』(心情公論社, 1972年)

著作集[編集]

  • 『神川彦松全集(全10巻)』(勁草書房, 1966年-1972年)
    • 1巻「国際政治学概論/国際聨盟政策論」
    • 2巻「近代国際政治史(上・中)」
    • 3巻「近代国際政治史(下)」
    • 4巻「近代国際政治史要/大観国際政治史/第一次世界大戦原因論ほか」
    • 5巻「日本外交の再出発」
    • 6巻「日本政治の再出発」
    • 7巻「国際政治学研究論文」
    • 8巻「国際政治史研究論文」
    • 9巻「世界国際政治史時事論文集」
    • 10巻「日本国際政治史時事論文集」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 今野元 2010, p. 117.
  2. ^ 今野元 2010, p. 116.

参考文献[編集]

  • 今野元「東京大学法学部における「国際政治史」の百年――神川彦松・横山信・高橋進・ディアドコイ」、『思想』第1107号、岩波書店、2016年、 113–130。

関連事項[編集]