神崎亮平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神崎 亮平(かんざき りょうへい、1957年 - )は、日本の生物学者東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻および東京大学先端科学技術研究センター教授。理学(博士)。専門は神経行動学。カイコガフェロモン源探索行動の研究や、昆虫制御型ロボット(サイボーグ昆虫)、スーパーコンピュータによる大規模脳シミュレーションなどで知られる。

経歴[編集]

和歌山県生まれ。智辯学園高等学校を経て、1986年筑波大学大学院生物科学研究科博士課程を修了。 アリゾナ大学神経生物学部博士研究員、 筑波大学生物科学系助手、講師、助教授を経て、2003年同大学教授。2004年より東京大学大学院情報理工学系研究科教授、2006年より東京大学先端科学技術研究センター教授(兼任)。2012年 - 2015年、日本比較生理生化学会会長。2016年より東京大学先端科学技術研究センター所長。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]