神奈川スケートリンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神奈川スケートリンク
横浜銀行アイスアリーナ
Yokohama icearena.JPG
情報
設計者 三井住友・岡山建設共同企業体
施工 三井住友・岡山建設共同企業体
事業主体 公益財団法人横浜市体育協会
敷地面積 4,560.40 m² [1]
延床面積 6,982.76 m² [1]容積率153%)
階数 3
所在地 221-0824
横浜市神奈川区広台太田町1-1
座標 北緯35度28分33.1秒 東経139度37分47.6秒 / 北緯35.475861度 東経139.629889度 / 35.475861; 139.629889座標: 北緯35度28分33.1秒 東経139度37分47.6秒 / 北緯35.475861度 東経139.629889度 / 35.475861; 139.629889
テンプレートを表示

神奈川スケートリンク(かながわスケートリンク)は、横浜市神奈川区反町公園に隣接して所在するスケートリンク。施設は横浜市が所有し、横浜市体育協会が運営管理を行っている。かつては神奈川体育館が運営していた。横浜銀行が施設命名権(ネーミングライツ)を取得しており、名称を横浜銀行アイスアリーナ(よこはまぎんこうアイスアリーナ)としている[2]

概要[編集]

土浦の飛行場格納庫を解体・移築して1949年に開催された日本貿易博覧会の芸能館として使用されていた。また、同年の第4回国民体育大会の会場として使用された[1]。この建物を譲り受け、改築・開業した[1][3]1951年にリンクの運用が開始された。かつては東日本大震災で練習リンクが使用不可となった羽生結弦も同施設で練習を行っていた[4]

しかし建物の老朽化で2014年6月30日に休館。建替期間中は同市中区の横浜市立横浜総合高等学校跡地の体育館に神奈川スケートリンク関内として営業されていたが、2015年11月30日で閉鎖となった。

横浜銀行が命名権を取得したため、名称を横浜銀行アイスアリーナとし、2015年12月21日に再オープンした[2]

沿革[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]