神坂智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神坂智子
生誕 12月12日 -
日本の旗 日本 岡山県久米郡中央町(現・美咲町
国籍 日本
活動期間 1973年 -
ジャンル 少女漫画
代表作 シルクロード・シリーズ
テンプレートを表示

神坂 智子(こうさか ともこ、12月12日 - )は、日本漫画家岡山県久米郡中央町(現・美咲町)出身。

1973年、「リ・リンド・リン」(小学館『週刊少女コミック』)でデビュー。代表作に“シルクロード・シリーズ”、「T.E.ロレンス」、「蒼のマハラジャ」、「カラモランの大空」など。

緻密な歴史・時代考証に基づきながら自在な世界観を繰り広げる作風をもつ。シリアスな作品が主体だが、きっちりした設定の中でもコメディを織り交ぜてみせる。2011年現在、小学館『月刊flowers』にて不定期・読み切り掲載を執筆している。

漫画同人グループ「作画グループ」の会員で、会員誌に作品を発表したこともある。

作品リスト[編集]

  • 夢みるセブンティーン -神坂智子傑作集-(1976年白泉社 - 作者の初単行本。短編集。
  • 夢みるセブンティーン(1975年
  • はだしになった少女(1975年)
  • むらさき花火(掲載年不明。1975年以前?)
  • 苦いコーヒー(1976年)
  • ぼくのマギー(1974年
  • ザッツ・アシスタント(1975年)
  • 銀杏のペンダント(1976年)白泉社 - 浅野杏子を主人公にした短編、杏子シリーズ。
  • 銀杏の枝から見える空(1976年)
  • 透さんへ…(1976年)
  • きょうは雨(1976年)
  • 銀杏のペンダント(1976年)
  • あかね雲(1976年)
  • 金色ブーケ(1976年)
  • 琴は初恋 -神坂智子傑作集-(1977年)白泉社 - 短編集。
  • 琴は初恋(1975年)
  • たそがれ時の風の色(1975年)
  • 二度目の手紙(1977年)
  • 金魚(きんとと)(1976年)
  • スイートチョコ(1976年)- 杏子シリーズ。
  • 銀杏は金色銀の音(1976年)- 杏子シリーズ。
  • でぶっちょアンソニー(1976年 - 1979年)
  • 寝一郎物語 (1977年)
  • めざめればチャボ!(1977年)
  • 如月坂の幽霊屋敷 (1984年)
  • 真知子in恋 (1984年)
  • 春! 如月坂 (1985年)
  • 如月姐さん その後… (1985年)- 単行本描き下ろし。

シルクロード・シリーズ[編集]

  • 白泉社・花とゆめコミックスレーベル(全11巻)
    • はるかなるシルクロード(1981年
    • 風とビードロ(1982年
    • 宇宙ゆく帆船(1983年
    • 姫君の塔-キズクルガン-(1984年)
    • ゾマの祭り(1985年)
    • 砂漠幻想(1986年)
    • 巻毛のカムシン(1986年)
    • ヘディンの手帳(1987年
    • 雪の朝-ホワイトカングリー(1988年)
    • 欠けたもの満ちるもの(1989年
    • 永遠を見る娘(1990年)
  • 角川書店・ASUKAコミックスDX・完全版として再編集・刊行(全6巻)
    • I. キャラバンの鈴(1995年
    • II. 宇宙ゆく帆船(1995年)
    • III. 姫君の塔-キズクルガン-(1995年)
    • IV. ウイグルの砂(1995年)
    • V. 永遠を見る娘(1996年
    • VI. 風の輪・時の和・砂の環(1996年)

小春びよりシリーズ[編集]

明治末期を舞台に米屋の娘、小春(こはる)と医師を目指す矢萩 環(やはぎ たまき)との駆け落ち物語。貧乏と苦学の末に二人は夫婦となり、環は帝大からドイツ留学を果たす。

『花とゆめ』から『ASUKA』へ掲載誌を移し、大正時代麻布を舞台に開業医となった矢萩一家の生活を描く、続編『春・夏・秋・冬』からは小春の娘である小夏、小秋、小冬(こなつ、こあき、こふゆ)の三つ子姉妹が主に活躍する。

  • 小春びより(1982年 - 1985年、全4巻) 白泉社
  • 小春びより 1(1982年)
  • 小春びより<其の一> (1982年)
  • かぼちゃびより (1982年)
  • 小春びより<其の二> (1982年)
  • 小春びより 2 (1983年)
  • 小春びより<其の三> (1983年)
  • 小春びより<其の四> (1983年)
  • 小春びより 3 (1984年)
  • ドイツびより<其の一> (1984年)
  • ドイツびより<其の二> (1984年)
  • 小春びより 4 (1985年)
  • ドイツびより<其の二> (1984年)
  • お便りびより (1985年)
  • お花びより (1983年)
  • 曼珠沙華 (1983年)- 小春びよりシリーズではない短編。
  • 春・夏・秋・冬(1987年、全2巻)角川書店
  • 娘びより(1988年)角川書店
  • ぽてとびより(1990年)角川書店

初期作品(1980年以前)[編集]

特記なきものは『花とゆめ』(白泉社)に掲載された。現在入手困難。

  • リ・リン・ド・リン(1973年)『週刊少女コミック』掲載
  • かわいいメイ(1973年)『少女コミック』増刊『ちゃお』掲載
  • カボとカポ(1974年)
  • よわむしメレル(1974年)
  • 君のために(1974年)
  • やがて春が(1975年)
  • 偉大なまんが家の半生(1976年)
  • 晩夏(1976年)
  • うちあけられたの(1977年)
  • 里の夜話(1977年)
  • 絵美子かぞえ唄(1977年)『別冊花とゆめ』掲載
  • 学生心中(1977年)
  • 金波銀波の海静か(1978年
  • REMEMBER りめんばあ(1979年)
  • アホ先赤線ローカル線(1979年)
  • 初恋まつり(1979年)
  • 木霊の里(1980年)
  • わたしピンクの女の子(1980年)
  • 金の糸(1980年)
  • 落葉おちば朱の糸(1980年)
  • ふしぎの国の(1980年)
  • 蓉姫狂乱(1980年)『ララ』掲載
  • つっぱり娘がわあん!!(1980年)

白泉社花とゆめコミックス『風とビードロ』巻末「神坂智子 全作品リスト」による。

合作[編集]

作画グループでの合作作品。それぞれ担当キャラを記す。

脚注[編集]

  1. ^ 佐伯ちえこ名義。脚本も担当。
  2. ^ 『炎の伝説』は第3章の原稿が完成していたにも関わらず、ヘルギとその仲間たちのエピソードを挿入するために全面改稿となり、30頁分全てを描き直している。なお、描き直し前の第3章没版は同人誌「GROUP」12号に掲載されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]