神呪のネクタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神呪のネクタール
ジャンル バトル
漫画
原作・原案など 吉野弘幸
作画 佐藤健悦
出版社 秋田書店
掲載誌 チャンピオンRED
レーベル チャンピオンREDコミックス
発表号 2017年1月号 -
巻数 既刊7巻(2019年7月19日現在)
テンプレート - ノート

神呪のネクタール』(しんじゅのネクタール)は、吉野弘幸(原作)・佐藤健悦(漫画)による日本漫画。『チャンピオンRED』(秋田書店)にて、2017年1月号から連載中。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

カイ・ワタリ/グレイ・エンフィールド(仮面)
主人公。廃棄神殿にてサクラの儀式で召喚された稀人。日本人の青年で本名は渉里塊。
サクラの護衛をしていたグレイが毒矢を受け死亡した後、仮面を付けて彼の名である「グレイ・エンフィールド」を名乗る。
サクラ・シャクンティーラ・アドニエラ
羅刹族アダール侯国の王女。グレイと共にダーラ軍に追われていた際、儀式を行いカイを召喚した。
シャクンティーラ
サクラに宿るもう一人の人格。一人称は「妾」。神妃(アンブロシア)の一人で雷帝(インドラ)の神呪を有している。
ニア・ニーディア
元奴隷の少女。ヒョウのセリアンスロープ。
奴隷商人に再度捕まった際サクラに助けられる。彼女に恩義を感じサクラが捕縛された時は救出作戦に加わった。その後グレイ(カイ)らと行動を共にする。
リギア・クラッツ
エルフ。名門の貴族クラッツ家の出身。少尉。
ドルネア
ガランドアの王女。ハヴォルの妹。褐色の肌をしている。
神妃の一人で焔帝(イフリート)の神呪を有している。ガランドアを訪れたグレイの妃となるべくアピールをしていた。ダーラ軍との戦いでガランドアを救ってくれたグレイ一向に加わる。
グレイ・エンフィールド
カーシャの婚約者。ハーフエルフ。アルビオン王国出身。植民地経営会社レムリアンカンパニーの軍人。
サクラと共にダーラの追っ手から逃亡していた。バージェスの毒矢を受けた後、カイにサクラを託し死亡した。

アダール侯国[編集]

カーシャ
サクラの姉。

アルビオン王国[編集]

リュカ・ローシェル・アルビオン
アルビオン王国の王子。グレイの正体を知っている一人。グレイに多くの任務を出す。
レージュ
リュカの部下。
ディアス
体に多くの傷痕がある大佐。元海賊。
レザリア1世
アルビオン王国女王。グレイに士官学校へ潜入し「人魚の血」の実態調査を命じた。
ノエル・ファーン
アーレン王立士官学校生。士官学校に潜入するグレイのルームメイトとなる。
ダリオ
アーレン王立士官学校生。剣術では次席の腕前。その後何者かに殺害された。
リシャール
アーレン王立士官学校生。レザリア1世の子である王太子。
フランツ・サーベイ
アーレン王立士官学校生。眼鏡を掛けた男性。グレイに助けられた。
ヨーム・スタウニー
アーレン王立士官学校生。長距離行軍訓練の際、錯乱して味方を銃撃した。絶命間際に人魚の血と言い残した。
アライア
アーレンとルビアンの校医。

ダーラ共和国[編集]

ブレド・レガン
ダトラ総督。ネレイアでは領主も兼任し「人魚の血」と呼ばれる新型麻薬を生成していた。
ダクリス
褐色の青年。レガンの部下である少尉。サクラらを追う。
ガズロ公
サクラを捕らえたが救出作戦を行うグレイらの襲撃を受ける。ゴーレム(岩装鬼)を起動させるが敗北した。
ドクター・ヴェラント
ダーラ軍の科学技術開発の要。ダーラ軍とガランドア軍との戦いに参陣し実験のため化学兵器(サリン)を使用した。吸血鬼の亜種であるマインドフレアであるため、対象の脳を食すとその者の知識を取り込める。
ボラール
極東方面軍司令官。大佐。ヤシマの美術品を蒐集している。

ガランドア[編集]

ハヴォル
ドワーフの国・ガランドアの王。

ネレイド王国[編集]

シエラ
ネレイア島に住むネレイデスの娘。グレイと共に迷宮に入る。蒼海の秘宝である本当の人魚の血を飲み水帝(オケアノス)を宿すようになった。

ヤシマノ国[編集]

アラギシ
北方戦線の基地の司令官。従二位。サクラとシズナの人質交換の際、交換場所である橋を爆破する命を出す。
カナヤ
眼鏡をかけた女性。従六位。カイらを案内した。実際はヤシマ中央政府の弾正台(監察局)の所属で不正の調査のため潜入していた。アラギシの使用していた通信器を用い中央にアラギシの造反を報告、その結果、懲罰軍が派遣された。
コバキ
アラギシの副官。従四位。ノルズーリとなったカイの攻撃に巻き込まれ死亡した。
天子
抗争の場を収拾するために軍を率いて来た少年。天子ではあるが自身を排除しようとする抵抗勢力がおり権力基盤は盤石ではない。外国との交渉には不慣れでありアルビオンのリュカに助力を要請した。ボラールを窓口にダーラ本国への抗議を通告する。暗殺を企む勢力をあぶり出すためグレイと打ち合わせをし、ハサスとの協議後、敢えて少人数での行動を取った。襲撃を仕掛けた者達はグレイにより撃破された。

ハサス[編集]

鈴悧
ハサスの教母。淫魔(サキュバス)であるため姿を自在に幼女や大人に変えられる。神妃の一人で北風神(ノルズーリ)の神呪を有している。
ギル=ガーラ
八部衆の一人。ダーラに雇われた傭兵。依頼主の指示でサクラの行方を追う。
シズナ
グラキエス(氷姫)の女性。ギル=ガーラの従者。かつてガーラに命を助けられており絶対の忠誠を誓っている。
クラーク
ヤシマノ国の陸軍省から逃亡したアメリカ人。1945年のヨーロッパ戦線から召喚される。米国では無線技師であったが徴兵され通信兵として軍役に就いていた。ヤシマノ国でのキキの扱いに反抗し、北方司令部に向かう際にキキを幸福にするため彼女と共に逃亡した。
キキ
元はヤシマノ国の奴隷。同国でクラークの世話係として買われた。クラークに同行してハサスに至る。

その他[編集]

バージェス・ブラー
グール。ダクリスの依頼でサクラらを襲撃する。老婆に変身しグレイに毒矢を放った。
アラン・セザック
リギア隊所属の曹長。
セレア・イグニス
ハーフリングの錬金術師。グレイの依頼でダイナマイトを製造する。
ルベイ
リギアの部下。サクラ救出作戦で重傷を負う。
レン・バーク
クー・シー(犬獣人)の少年。一等兵。グレイの従卒。
ガトク
ネレイア島の商人。
ベルク
カイの部下である軍曹。獣人種。

書誌情報[編集]

脚注[編集]