神前五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神前五郎
人物情報
生誕 (1919-04-05) 1919年4月5日
死没 (2015-03-22) 2015年3月22日(95歳没)
大阪府豊中市
肺炎
居住 大阪府豊中市
国籍 日本の旗 日本
出身校 大阪帝国大学医学部
学問
研究分野 癌、血栓止血学
研究機関 大阪大学医学部
学位 医学博士
学会 日本外科学会
テンプレートを表示

神前 五郎(こうさき ごろう、1919年(大正8年)4月5日 - 2015年(平成27年)3月22日)は、日本の外科医、元大阪大学教授

概要[編集]

千葉県出身。大阪帝国大学医学部出身の外科医で、専門は、血栓止血学。阪大医学部第二外科教授、後に日本外科学会会長、定年退官後は東京都立駒込病院の院長をつとめた。山崎豊子白い巨塔』の財前五郎のモデルとされるが、山崎が主治医であった神前の名前と地位を借りたのみで、直接的なモデルではないとされる。[1]孫に作曲家・編曲家の神前暁がいる。2013年、「がんもどき」理論を提唱する近藤誠に反論し、『週刊朝日』誌上で直接討論を行った[2]。2015年3月22日 肺炎のため95歳で死去した。[1]

経歴[編集]

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “元日本外科学会会長、神前五郎氏が死去 「白い巨塔」山崎豊子さんの元主治医”. 産経WEST (産経デジタル). (2015年3月25日). http://www.sankei.com/west/news/150325/wst1503250085-n1.html 2015年4月2日閲覧。 
  2. ^ 『週刊朝日』2013年9月20日「がん放置療法をめぐる大激論」

参考文献[編集]