神とよばれた吸血鬼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神とよばれた吸血鬼
漫画
作者 桜井海
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 ガンガンONLINE
発表期間 2014年10月9日 - 2017年2月23日
巻数 全6巻
話数 全33話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

神とよばれた吸血鬼』(かみとよばれたきゅうけつき)は、桜井海による日本漫画作品。スクウェア・エニックスウェブコミック配信サイトガンガンONLINE』にて、毎月第2週更新で2014年10月9日更新分から2017年2月23日更新分まで連載された。

本作は、土地神となった吸血鬼が、人間や妖怪のために願いをかなえる様子を描いた漫画であり、全体的に和風のテイストを漂わせている。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

ヴラド
100年前に異国の地から日本に移り住んだ吸血鬼で、現在は土地神としても動いている。心優しい人物だが、月形と出会うまでは凶暴な人物だった。
月形(つきがた)
ヴラドが奉られている神社の先代の神。故人。
阿月(あづき)
ヴラドの部下である狛犬で、かつては月形の部下だった。片割れである吽月は、月形の死後ヴラドから逃げた一方、阿月は主の愛した神社を見捨てることができずヴラドと契約を結んだという経緯を持つ。
夜日古(やひこ)
三神と呼ばれる土地神の一柱。助平で女好きゆえ女性問題が絶えず、よくヴラドに解決を依頼する。黒鳥がヴラドの記憶を奪った際は、事態解決に向けて奔走した。
スグル
夜日古の神使。夜日古に対する忠誠心が強く、献身的に接する。普段は顔の中央に一つ目を配した仮面をつけているが、仮面をとると美しい少年の顔が現れる。
白蓮(はくれん)
三神と呼ばれる土地神の一柱。冷静に問題を処理する一方、夜日古の不幸を喜ぶ一面を持つ。
黒鳥
月形と出会った後のヴラドの記憶を奪った人物。

書誌情報[編集]

反響[編集]

連載終了後の反響[編集]

本作の連載終了後に桜井がTwitterで連載した漫画『おじさまと猫』の大ヒットにより、桜井に興味を持つ者が急増した[7]。 その結果、本作の単行本が売り切れる事態が相次ぎ、 11月10日には本作の全巻分の重版が実施された[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神とよばれた吸血鬼 1巻 公式サイト”. スクウェア・エニックス. 2016年4月22日閲覧。
  2. ^ 神とよばれた吸血鬼 2巻 公式サイト”. スクウェア・エニックス. 2016年4月22日閲覧。
  3. ^ 神とよばれた吸血鬼 3巻 公式サイト”. スクウェア・エニックス. 2016年4月22日閲覧。
  4. ^ 神とよばれた吸血鬼 4巻 公式サイト”. スクウェア・エニックス. 2016年9月21日閲覧。
  5. ^ 神とよばれた吸血鬼 5巻 公式サイト”. スクウェア・エニックス. 2017年4月22日閲覧。
  6. ^ 神とよばれた吸血鬼 6巻(完) 公式サイト”. スクウェア・エニックス. 2017年4月22日閲覧。
  7. ^ a b 桜井海『神とよばれた吸血鬼』が重版決定!『おじさまと猫』の“ふくまる”は幸せを呼ぶ招き猫!?”. おたぽる. サイゾー (2017年11月11日). 2017年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]