祝嶺正献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

初代・祝嶺 正献(しゅくみね せいけん、1925年 - 2001年11月26日)は、沖縄県出身の空手家。玄制流空手道創始者。躰道創始者。初代・日本武藝躰道宗家、最高師範。本名、祝嶺 春範(しゅくみね はるのり)。 「祝嶺正献」の名は襲名されており現在三代目であるが、ここでは初代・祝嶺正献について解説する。かつては祝嶺制献と号す。

経歴[編集]

伝説[編集]

祝嶺正献には数々の人間離れした伝説の事実がある。

  • 瓦34枚割
テレビの生放送で試割りの実演を依頼されていた祝嶺は、瓦の枚数を何枚にするか制作サイドから相談され、「何枚でも良い」と答えた。「34枚ありますが全部ですか」と念を押された上で重ねて承諾。リハーサルなし、生放送のテレビカメラの前で、34枚積み上げた瓦(祝嶺の腰を越える高さ)を、左半身猫足立ち帆立構えからの右手刀一撃で全て割った。しかも祝嶺が直接打撃した瓦は、頂上の一枚目だけであった[1]
  • 空中六段蹴り
  • ランニング中人越えバック宙
  • 片手親指側転

その他[編集]

「最高師範」の肩書は初代・祝嶺正献にのみ用いられる。

書籍[編集]

  • 『新空手道教範』 祝嶺制献(日本文芸社 1964年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参照[編集]

  1. ^ 「空手鍛錬三ヶ月」(昭和55年・日本文芸社)