祖式通治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
祖式通治
時代 江戸時代
生誕 万治2年(1659年
死没 享保7年5月8日1722年6月21日
別名 通称:小平次、次郎右衛門
主君 毛利綱広吉就吉広吉元
長州藩
氏族 石見小笠原氏庶流 祖式氏
父母 父:祖式就信 母:赤川就雅の娘
兄弟 通治林忠次
椙杜幸童の娘
兼正治勝遠藤正晴室、
赤川周照初室、赤川周照継室
テンプレートを表示

祖式 通治(そしき みちはる)は、江戸時代武士毛利氏家臣で、長州藩士。家格は大組、770石。父は祖式就信

生涯[編集]

万治2年(1659年)、長州藩士である祖式就信の嫡男として生まれる。寛文7年(1668年)に父の就信が死去したことで後を継ぎ、毛利綱広吉就吉広吉元の四代に仕える。

正徳3年(1713年1月25日、病を理由として隠居を願い出て許される。享保7年(1722年5月8日に死去。享年64。後を嫡男の兼正が継いだ。

参考文献[編集]