祁答院家住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
祁答院家住宅
Kedoin Family Residence 01.JPG
外観
所在地 鹿児島県伊佐市大口里1855
位置 北緯32度3分25.3秒
東経130度36分54.7秒
座標: 北緯32度3分25.3秒 東経130度36分54.7秒
類型 武家屋敷(郷士住宅)
形式・構造 木造、寄棟茅葺
延床面積 桁行11.8m、梁間9.2m
建築年 江戸時代中期(18世紀前半頃)
文化財 国の重要文化財
テンプレートを表示

祁答院家住宅(けどういんけじゅうたく)は鹿児島県伊佐市大口里にある江戸時代の武士住居遺構。国の重要文化財

概要[編集]

祁答院氏中世から続く薩摩国有力国人の一人であったが、江戸時代には島津氏の配下となり大口に移住した。『祁答院氏系図』によると承応5年(1653年)頃建てられたとされるが、現在の建物は18世紀前半頃に建てられたと考えられている。郷士住宅として貴重な遺例であり、昭和50年(1975年)に重要文化財に指定された。

住居は客間である「おもて」と日常の間である「なかえ」「うすにわ」から構成されている。

現在も住居として使われているため、見学には予約が必要である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]