社畜と少女の1800日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
社畜と少女の1800日
ジャンル 青年漫画
漫画
作者 板場広志
出版社 芳文社
掲載誌 週刊漫画TIMES
レーベル 芳文社コミックス
発表号 2017年4月21日号 -
巻数 既刊2巻(2017年11月16日現在)
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

社畜と少女の1800日』(しゃちくとしょうじょのせんはっぴゃくにち)は、板場広志による日本の漫画の作品。『週刊漫画TIMES』(芳文社)にて、2017年4月21日号より連載中[1]

あらすじ[編集]

徹夜に休日出勤と、毎日仕事に追われる日々を送るサラリーマン・東根将彦は、ひょんなことから高校生時代の同級生の娘・君島優里と出会う。そして、優里の心境を知った東根は彼女と同居生活を送ることになる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

東根将彦(あずまね まさひこ)
本作の主人公。ゲーム会社に勤務するサラリーマンの男性。
高校生時代の同級生・君島里美の娘の優里と出会い、「母親が帰ってくるまで」という約束の下で彼女と同居生活を始めることとなる。
君島優里(きみじま ゆり)
東根の友人・君島里美の娘。中学2年生の少女。純粋で誠実。
母親・里美が失踪し、残されたメモから東根の家を訪れ、居候している。父親と親戚には一度も会ったことがない。新聞配達のバイトを受け持っている。実家で暮らしていた頃は全て家事をやっていたため料理が得意。

東根と優里の関係者[編集]

桐谷(きりたに)
東根の会社の年下の上司の女性。既婚者。
梓(あずさ)
東根将彦の姉の娘で将彦の姪。高校生の少女。
高井沙耶(たかい さや)
優里が通う中学校の女性教師で優里のクラス担任。独身。
浅岡(あさおか)
優里の同級生の少年。
日向(ひゅうが)
優里の同級生の少年。
的場(まとば)
優里が通う中学校の男性教師。
君島里美(きみじま さとみ)
優里の母親でシングルマザー。東根の高校生時代の同級生の女性。美人でスクールカーストでは上位に入るほどだった。
突如、娘・優里の前から失踪し、行方不明となる。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]