社畜と少女の1800日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
社畜と少女の1800日
ジャンル 青年漫画
漫画
作者 板場広志
出版社 芳文社
掲載誌 週刊漫画TIMES
レーベル 芳文社コミックス
発表号 2017年4月21日号 -
巻数 既刊4巻(2018年7月13日現在)
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

社畜と少女の1800日』(しゃちくとしょうじょのせんはっぴゃくにち)は、板場広志による日本漫画。『週刊漫画TIMES』(芳文社)にて、2017年4月21日号より連載中[1]

あらすじ[編集]

徹夜に休日出勤と、毎日仕事に追われる日々を送るサラリーマン・東根将彦は、ひょんなことから高校生時代の同級生の娘・君島優里と出会う。そして、優里の心境を知った将彦は彼女と同居生活を送ることになる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

東根将彦(あずまね まさひこ)
本作の主人公。ゲーム会社に勤務するサラリーマンの中年の男性。年齢は40歳→41歳。
高校生時代の同級生・君島里美の娘の優里と出会い、「母親が帰ってくるまで」という約束の下で彼女と同居生活を始めることとなる。1年後に警察に職務質問される。
君島優里(きみじま ゆり)
将彦の友人・君島里美の娘。年齢は14歳→15歳。中学2年生→中学3年生の少女。純粋で誠実。母親と暮らしていた頃に起きた不慮の事故により左肩に火傷の跡がある。
母親・里美と二人家族だったが中学2年生の頃の1学期に母親の失踪と同時に実家が引き払われ、残されたメモから将彦の家を訪れ、居候している。父親と親戚には一度も会ったことがない。日常では新聞配達のバイトを受け持っている。実家に住んでいた頃は全て家事をやっていたため料理が得意。中学3年生の2学期に警察に職務質問をされて児童相談所に預けられ転校した。

将彦と優里の関係者[編集]

桐谷(きりたに)
将彦が勤務する会社の年下の上司の女性。既婚者だったが後に離婚してバツイチとなる。
梓(あずさ)
将彦の姉の娘で将彦の姪。年齢は17歳→18歳。高校2年生→高校3年生の少女。お調子者で前向きな性格。将来は漫画家を目指している。
ナナ
将彦の隣の部屋に住んでる若い女性。喫煙者。
高井沙耶(たかい さや)
優里が通う中学校の女性教師で優里のクラス担任。独身。
将彦に惹かれて交際を始めるが、彼からは「優里のおじ」と聞かされている。しかし、優里の1年生の頃の担任であった教師の発言から2人の関係を疑い始め、さらに将彦と梓の会話を見て優里と将彦の関係が他人だと知ってしまった。
浅岡(あさおか)
優里の同級生の少年。年齢は14歳→15歳。中学2年生→中学3年生。
日向(ひゅうが)
優里の同級生の少年。年齢は14歳→15歳。中学2年生→中学3年生。
相葉(あいば)
優里の同級生の少女。年齢は14歳→15歳。中学2年生→中学3年生。
井上(いのうえ)
優里の同級生の少年。年齢は14歳→15歳。中学2年生→中学3年生。
尾形(おがた)
優里の同級生の少年。年齢は14歳→15歳。中学2年生→中学3年生。
寺田(てらだ)
優里の同級生の少年で女子生徒に人気がある。年齢は14歳→15歳。中学2年生→中学3年生。優里に告白したが断られた。
頼(より)
優里の同級生の少女。年齢は14歳→15歳。中学2年生→中学3年生。
サキ
優里の同級生の少女。年齢は14歳→15歳。中学2年生→中学3年生。優里を同級生の虐め加害者の少女から庇った。寺田の部活の先輩にあたる兄がいる。
的場(まとば)
優里が通う中学校の男性教師。年齢は29歳→30歳。
君島里美(きみじま さとみ)
優里の母親でシングルマザー。将彦の高校生時代の同級生の女性。年齢は40歳→41歳。美人でスクールカーストでは上位に入るほどだった。
突如、娘・優里が中学2年生の頃に彼女の前から失踪し、行方不明となる。

動物[編集]

ハナ
君島優里に拾われた猫。鼻に黒色の斑がある。

書誌情報[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]