社会静学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

社会静学(しゃかいせいがく)とはジョン・スチュアート・ミルらによって提唱された社会学の一分類。これは社会において存在する種々の有機体の間に存在している共感性についての理論である。社会静学によって、政治統合体を成立させるためには、どのような事柄が必要であるかということが確かめられた。

参考文献[編集]

  • 八木鉄男/深田三徳 編著『法をめぐる人と思想』(株式会社ミネルヴァ書房,1991年)(79頁~94頁「6 スペンサーの『社会静学』と自然権論」深田三徳)

外部リンク[編集]