社会教育法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
社会教育法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和24年6月10日法律第207号
効力 現行法
種類 教育法
主な内容 社会教育について
関連法令 教育基本法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

社会教育法(しゃかいきょういくほう、昭和24年(1949年6月10日法律第207号)は、行政機関が振興する社会教育について主に定めている、日本法律である。

概要[編集]

社会教育法は、教育基本法(平成18年法律第120号)の精神に則り、社会教育に関する及び地方公共団体の任務を明らかにすることを目的としている。 社会教育法は、学校教育法で定める学校教育課程として行われる教育活動を除いた組織的な教育活動を法律上の社会教育として定義し、各種の事項を規定している。

構成[編集]

専門的教育職員[編集]

関連する法令の体系[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]