社会信用システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

社会信用システム(しゃかいしんようシステム)とは、中華人民共和国政府が提案する全国的な評価システム開発のイニシアティブ[1][2][3] 。所得キャリアなど社会的ステータスに関する政府のデータに基づいて全国民をランキング化し[4]インターネットや現実での行動も採点[5]して「社会信用スコア」を割り当てることだと報じられている[6][7][8][9] 。それは管理社会監視社会のツールとして機能し、ビッグデータの分析テクノロジーを使用する[10] 。加えて中国市場での企業活動も評価することを意味する。

社会信用システム構築の計画概要 (2014–2020)[編集]

社会信用システムは、中華人民共和国の「トップレベルデザイン」(頂層設計)アプローチの一例である。「中央全面深化改革領導小組」の活動によって調整された[11] 。中華人民共和国国務院が発行した全体的な「社会信用システム構築の計画概要 (2014–2020)」によれば、社会信用システムは以下の4つの分野に焦点を当てるとされている:「公務の誠実」 (政務誠信)、「商業の誠実」 (商務誠信)、「社会誠実」 (社会誠信)及び「司法の信頼性」 (司法公信)[12]。メディア報道ではそのため一般市民の評価(「社会誠実」に該当する)について主に焦点をあてていた。しかしながら、中国政府の計画ではそれを超えて中国の全企業の活動向けの信用スコア計画も盛り込まれていた[11]

中国政府は2020年までに社会信用システムの基本構造を実装することを目指している[12] 。それまでにシステムが構想通りに機能するかどうかは不明であるが、中国政府は社会信用システムの実装を早めた結果、2014年に主要計画が発表されて以降数々の制作文書と計画が発表されることになった。もし社会信用システムが構想通りに実装されれば、個人と企業の両方の行動を制御する新しい方法を構成することになる[11]

西洋の報道機関の主要メディアがしばしば言及する主な概要は2014年6月14日に中国国務院が出した「社会信用システム構築の計画概要 (2014–2020)についての国務院通知」である[12][13] 。オックスフォード大学比較メディア法および政策プログラムの博士研究員ロジェ・クリーマーズ[14]は文書の訳を投稿した[12]

計画の概要によればイニシアティブの目的は「社会内での誠実さと信頼性の水準の意識を向上させること」である[13] 。社会信用システムは「社会主義市場経済」の完遂(完善社会主義市場経済体制)及び社会統治を革新・強化(加強和創新社会治理)するための重要な手段として提示されている[13] 。これは中国政府が経済を規制する重要な手段と国民の行動をコントロールする統治のツールの両方としてみていることを示唆している。

とりわけ、社会信用システムは中国市場の信頼性の欠如問題に対する答えを提供することを意図している。提案者は食品の安全問題、不正行為、偽造品などの問題を解消するのに役立つと主張した[15]

社会信用システムは中国本土に限定されるため香港マカオには適用されない[要出典]。 しかしながら現時点の計画では中国企業と中国市場で活動する外国企業を区別しておらず、外国企業の中国での活動も同様にこのシステムの対象になる可能性が高まっている

実装[編集]

2015年、8社が信用システムの試験を開始するライセンスを得た。選ばれた企業はアリババグループアント・フィナンシャル、ソフトウェア開発企業のテンセントと他の6社である[16] 。民間企業が運用する評価システムは実験段階を始めるために芝麻信用などのデータを使った[17]

2017年は民間企業にライセンスは与えられなかった[16]

2018年 (2018-2月)現在、包括的な全国規模の社会信用システムは存在していないが、地方レベル及び業界の特定セクターにおいて複数の指導者がこのシステムを試している[18] 。そのようなプログラムの1つは、顔認識ソフトウェアを使用して政府記録を閲覧し、それに応じてユーザーを評価する「Honest Shanghai」アプリを通じて、上海で実装されている[19] 一部報道では評価は中国国民のオンライン上での行動から収集した情報を利用しているかもしれないと述べている

2018年3月、ロイターは社会信用評価が低い市民や企業に対する制限が5月1日に有効になると報じた[20]

企業向け信用評価[編集]

企業における社会信用システムは市場規制メカニズムとして機能することを意図されている。その目標は、企業が「自己拘束」(企業自我約束)を実施するビッグデータによって推進される自己強制的な規制体制を確立することである。 基本的な考え方は、機能的な信用システムの導入で、評価の低下を避けるために企業は政府の方針と規制を遵守するというものである[11] 。現在想定されているように、良評価の企業は良好な信用状態、より低い税率、更なる投資機会などの便益を享受することができる。悪評価の企業は新規融資が不利な条件になったり、税金の上昇、投資の制限、公的資金プロジェクトに参加しづらくなるなどの状況に直面する可能性がある[11] 。政府の計画ではまた企業活動のリアルタイムの監視も想定している。その場合、事業の一部においての違反がほぼ即座に評価の低下につながる可能性がある。しかし、これが実際に起こるかどうかは、この種の監視に必要な技術の可用性だけでなく、システムの将来の実装にも依存する[11]

民間企業の関与[編集]

2017年3月時点で中国市場で137の商業信用報告企業が活動している[11] 。社会信用システムの開発の一部として、中国政府はサードパーティの中国の信用格付けシステムの進捗を監視している[7] 。2015年には中国人民銀行が国民に信用スコアを付与する試験版を開発するために芝麻信用を運営するアリババのアント・フィナンシャルサービスを含む8社を選んだ[16][21]。芝麻信用の評価システムはアメリカのFICO評価とドイツのSchufaを大まかにモデル化したものである[22] 。しかしながら、中国政府は利益相反と競合のプラットフォームへのデータ共有に消極的になることへの懸念から2017年にはライセンスが付与されることはなかった[16]

民間企業は省級行政区で社会信用システムの基本インフラを整備する契約を省政府と結んだ[23]

脚注[編集]

  1. ^ China rates its own citizens – including online behaviour”. www.volkskrant.nl (2015年4月25日). 2015年12月26日閲覧。
  2. ^ SAT Boosted the Construction of Credit System and Practiced Reward and Punishment Based on "Two Measures" : Honest Taxpayer on Honor List and Illegal Taxpayers on Blacklist”. www.chinatax.gov.cn. General Office of the State Administration of Taxation (2014年7月8日). 2015年12月26日閲覧。
  3. ^ China outlines its first social credit system”. news.xinhuanet.com (2014年6月27日). 2015年12月26日閲覧。
  4. ^ 中国 信用できない国民は勤労と飛行機移動ができなくなる”. Sputnik (2018年3月19日). 2018年3月17日閲覧。
  5. ^ “ネットや現実の違反行為で点数を付け個人の信用レベルを格付けしブラックリスト化する恐るべき全人民監視計画”. GIGAZINE. (2016年11月30日). https://gigazine.net/news/20161130-china-social-control/ 2018年4月12日閲覧。 
  6. ^ Hatton, Celia (2015年10月26日). “China 'social credit': Beijing sets up huge system” (英語). BBC News. http://www.bbc.com/news/world-asia-china-34592186 2017年3月6日閲覧。 
  7. ^ a b Hatton, Celia. “China 'social credit': Beijing sets up huge system”. BBC News. 2015年12月23日閲覧。
  8. ^ Chin, Josh; Wong, Gillian (2016年11月28日). “China’s New Tool for Social Control: A Credit Rating for Everything”. Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/chinas-new-tool-for-social-control-a-credit-rating-for-everything-1480351590 2017年3月6日閲覧。 
  9. ^ China’s plan to organize its society relies on ‘big data’ to rate everyone”. Washington Post. 2017年3月6日閲覧。
  10. ^ Botsman, Rachel. “Big data meets Big Brother as China moves to rate its citizens”. Wired UK. https://www.wired.co.uk/article/chinese-government-social-credit-score-privacy-invasion 2017年10月26日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g Meissner, Mirjam (2017年5月24日). “China's Social Credit System: A big-data enabled approach to market regulation with broad implications for doing business in China”. www.merics.org. 2017年7月11日閲覧。
  12. ^ a b c d 2015-04-25, 2014-06-14. “Planning Outline for the Construction of a Social Credit System (2014–2020)”. chinacopyrightandmedia.wordpress.com. 2016年1月8日閲覧。
  13. ^ a b c 国务院关于印发社会信用体系建设 规划纲要(2014—2020年)的通知”. www.gov.cn (2014年6月27日). 2017年7月14日閲覧。
  14. ^ China Copyright and Media, About”. chinacopyrightandmedia.wordpress.com. 2016年1月8日閲覧。
  15. ^ “Big Brother is watching: how China is compiling computer ratings on all its citizens”. South China Morning Post. (2015年11月24日). http://www.scmp.com/news/china/policies-politics/article/1882533/big-brother-watching-how-china-compiling-computer 2017年7月14日閲覧。 
  16. ^ a b c d Hornby, Lucy. “China changes tack on ‘social credit’ scheme plan”. Financial Times. (2017年7月5日). https://www.ft.com/content/f772a9ce-60c4-11e7-91a7-502f7ee26895?mc_cid=9068154611 2017年7月14日閲覧。 
  17. ^ Ahmed, Shazeda (2017年1月24日). “"Cashless Society, Cached Data Security Considerations for a Chinese Social Credit System”. www.citizenlab.ca. 2017年7月13日閲覧。
  18. ^ Pak, Jennifer (2018年2月13日). “How does China’s social credit system work?”. Marketplace. 2018年2月23日閲覧。
  19. ^ “What's Your 'Public Credit Score'? The Shanghai Government Can Tell You” (英語). NPR.org. http://www.npr.org/sections/parallels/2017/01/03/507983933/whats-your-public-credit-score-the-shanghai-government-can-tell-you 2017年9月16日閲覧。 
  20. ^ China to bar people with bad 'social credit' from planes, trains Reuters 2018
  21. ^ 人民银行印发《关于做好个人征信业务准备工作的通知》”. www.gov.cn (2015年1月5日). 2017年7月18日閲覧。
  22. ^ Ohlberg, Mareike; Ahmed, Shazeda; Lan, Bertram (2017年12月12日). “Central Planning, Local Experiments: The complex implementation of China's Social Credit System”. Merics China Monitor (Mercator Institute for China Studies): 12. https://www.merics.org/sites/default/files/2017-12/171212_China_Monitor_43_Social_Credit_System_Implementation.pdf#page=12 2018年3月16日閲覧。. 
  23. ^ 联合信用助力新疆社会信用体系建设” (2016年12月9日). 2017年7月14日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]