磯禅師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

磯禅師(いそのぜんじ、生没年不詳)は、平安時代末期の女性。白拍子静御前の母。礒野禅尼とも。

出身地は大和国磯野(現在の奈良県大和高田市礒野)とも讃岐国小磯(現在の香川県東かがわ市小磯)ともいわれる。自身も白拍子であり、『貴嶺問答』によると京の貴族の屋敷に白拍子の派遣などを行っていた。

鳥羽天皇の世に、藤原通憲(信西)がすぐれた曲を選んで、磯禅師に白い水干に鞘巻をさし、烏帽子の男装で舞わせたのが白拍子の始まりと『徒然草』にある。静御前に白拍子を伝えたという(ただし、『徒然草』は磯禅師や静御前が生きた時代の150年ほど後に書かれたものなので信憑性はない)。

娘の静は源義経に愛され妾となる。文治元年(1185年)、義経が兄の頼朝と対立して京を落ちると静は捕らえられ、翌文治2年(1186年)3月に磯禅師と静の母子は鎌倉へ送られる。宿所に鎌倉の御家人たちが勝手に押しかけて宴会を催した時、磯禅師は舞を披露している。

静は鎌倉で義経の子を産むが、男子であったため頼朝が殺害を命じる。静は泣き喚いて離さなかったが、磯禅師が子を取り上げて安達清常に渡し、子は由比ヶ浜に遺棄された。

その後、磯禅師と静は北条政子大姫に多くの重宝を与えられ、京に帰された。奈良県大和高田市礒野は礒野禅尼の里といわれ、静はここに身を寄せたとも伝えられる。