碧海のAiON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
碧海のAion
ジャンル 学園伝奇ファンタジー
漫画
作者 影崎由那
出版社 富士見書房
掲載誌 月刊ドラゴンエイジ
レーベル 角川コミックスドラゴンJr.
発表号 2008年8月号 - 2012年8月号
巻数 全11巻
テンプレート - ノート

碧海のAiON』(へきかいのアイオーン)は、影崎由那による日本漫画作品。『月刊ドラゴンエイジ』(富士見書房)にて2008年8月号から2012年8月号まで連載された。単行本は2012年10月現在、同社の角川コミックスドラゴンJr.より11巻で完結されている。

概要[編集]

太平洋の湾岸に位置する架空の都市・潮見ヶ浜市を舞台にした学園伝奇ファンタジー。 第5巻の帯においてドラマCD化が発表され、2010年冬にランティスより発売予定。主人公「津川達哉」役は能登麻美子、ヒロイン「宮崎星音」役は戸松遥が担当する[1]。特典として付属されるDVDにはオリジナルのオープニング曲・エンディング曲が収録される予定。連載終了の後、同誌2013年1月号にて読みきり番外編が掲載された、タイトルは「星音 東京へ行く」。

ストーリー[編集]

交通事故により両親を亡くしたばかりの津川達哉は、死の間際に父親に言われた「器の大きな男になれ」という言葉の意図が理解できずにいた。喪が明けて久々登校、達哉は宮崎星音という女子がいじめを受けているところを目撃する。何故か望んでいじめられているという星音は達哉に「海には近づくな」という謎の警告を受ける。 放課後、彼女を放っておけない達哉は彼女を探しに校内へ入ると、そこで星音の秘密を知ってしまい・・・

登場人物[編集]

主要人物[編集]

津川達哉(つがわ たつや)
主人公。高校1年生。
津川グループの子息で、事故で両親を一度に亡くし莫大遺産を相続した。控えめで真面目な性格だが、少々頑固な面もある。
夜の学校で星音の秘密を知って以来彼女を気にかけるようになり、父親の最期の言葉「器の大きな男」になって星音に認められる事を目指すようになる。
母親の死んだ様子が酷い有様だった事からその時の記憶を忘れており同時に心の傷になっていたが、星音の言葉により少々前向きになれた模様。
宮崎星音/セーネ(みやざき せいね/セーネ)
ヒロイン。達哉の同級生。ダンボール箱をこよなく愛するダンボーラーで、ホームレスの如き生活をしていたが、それを見かねた達哉によって半分強引に津川家に居候させられる。
ミステリアスな少女で、わざと苛められたりと不思議な言動が目立つ。
実は海から現れ、人間にとりつき、人の闇を引き出す蟲を倒すため、自分の体内にあるアイオーンと呼ばれる蛇を宿しており、怪我をすることで開放することができる。何をしても死なない不死の体を持っている。
アイオーン
星音の身体に潜む黒蛇。
コロッケ
津川達哉の飼い犬。
シズキ
津川家に転がり込んできた謎の家政婦さん。星音にアイオーンを授けた者。家政婦という名目で津川家にいるが超虚弱体質で家事など全くできない。
人魚たちからは「ピスティス・ソフィア」と呼ばれ、それを「私(たち)の一番古い名前」と言う。
ユズキ
シズキの妹。姉と同じく家政婦として津川家に転がり込んできた。体力バカで姉の分まで働く丈夫なヒト。その分アタマと行動原理は幼稚園児並み。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]