碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語-
ジャンル 歴史漫画
漫画
作者 犬童千絵
出版社 KADOKAWA
掲載誌 ハルタ
レーベル ビームコミックス(1・2巻)
ハルタコミックス(3巻以降)
発表号 Vol.20 - 連載中
発表期間 2014年12月15日 - 連載中
巻数 既刊8巻(2020年10月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語-』(あおいホルスのひとみ だんそうのじょおうのものがたり)は、犬童千絵による日本漫画KADOKAWAの月刊漫画雑誌『ハルタ』にて、Vol.20より隔月連載中。古代エジプトに実在した女性ファラオハトシェプストの半生を描く。

あらすじ[編集]

時は紀元前1400年代、エジプト第18王朝の時代。エジプト王家は古来より女系であり、王位継承権は正室が産んだ子女が持つものの、女性はファラオになれず、王子がいない場合は王女の夫がファラオに即位するしきたりになっていた。

現ファラオ・トトメス1世と亡き正室の間に生まれ、王位継承権を持つシェプスト王女は、父の側室が産んだ異母兄セティ王子と結婚、彼をトトメス2世として即位させる。しかし男勝りで気高いシェプスト王妃にとって兄トトメス2世との結婚は、敬愛する父の希望通りに彼を即位させるためだけのものであり、内心では夫と認めておらず心も体も許すつもりはなかった。一方で二人の結婚直後、退位し反乱軍の鎮圧に赴いた父トトメス1世は戦死する。

主な登場人物[編集]

シェプスト
本作の主人公。男勝りで気高く、聡明で心優しい美少女。神と唯一交信できる血筋のせいか、獣と心を交わす能力を持つ。幼少期には武芸を嗜み父を継ぐ王となることを望んでいたが、女性は王位に就けないため、表向きは女性らしさや気品を身に着けたが、内心では現在も女性として見られることへの嫌悪がある。
トトメス2世
シェプストの夫にして異母兄。父トトメス1世から後継者として期待されているが、父の戦死後、女好きで傲慢で残虐な面が徐々に表出している。
シトレ
シェプストの乳母。
ブブ
シェプストが幼少期から飼っている鳥。
タビア
シェプストに仕える侍女。元はテーベの街でも有名な踊り子で、シェプストの希望で友人として、また女らしさの機微を身に着けるための教師として招かれた。
センムト
平民出身の書記官。

書誌情報[編集]

  • 犬童千絵 『碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語-』 KADOKAWA〈ビームコミックス・ハルタコミックス[注釈 1]〉、既刊8巻(2020年10月15日現在)
    1. 2015年9月14日発売、ISBN 978-4-04-730617-2
    2. 2016年7月15日発売、ISBN 978-4-04-734135-7
    3. 2017年5月15日発売、ISBN 978-4-04-734605-5
    4. 2018年2月15日発売、ISBN 978-4-04-734818-9
    5. 2018年7月14日発売、ISBN 978-4-04-735138-7
    6. 2019年4月15日発売、ISBN 978-4-04-735540-8
    7. 2019年11月15日発売、ISBN 978-4-04-735785-3
    8. 2020年10月15日発売、ISBN 978-4-04-736271-0

注釈[編集]

  1. ^ 2巻までビームコミックスで、3巻以降はハルタコミックス。