碓井照子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

碓井 照子(うすい てるこ 1948年 - )は日本の地理学者奈良大学名誉教授・東京大学空間情報科学研究センター客員教授。また、GISの先駆者であり、GIS学会元会長である。大阪府出身。

略歴[編集]

1973年奈良女子大学大学院文学研究科地理学専攻を卒業し、1990年から翌91年までエディンバラ大学で在外研修を修了している。2013年3月31日をもって奈良大学を退職、現名誉教授。地理情報システム、都市地理学、計量地理学、地理教育を専門とし、日本地理学会人文地理学会、地理情報システム学会などに所属している。また、GIS学会関西事務局が阪神・淡路大震災の直後から設置され、関西地域のGIS研究の拠点として活動していた。GIS学会会長を歴任した(2002年4月1日~2004年3月31日まで)。2013年4月1日に、NPO法人全国GIS技術研究会の理事長に就任した。

著書[編集]

外部リンク[編集]