碓井敏正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うすい としまさ
碓井 敏正
生誕 (1946-12-06) 1946年12月6日(72歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学

碓井 敏正(うすい としまさ、1946年12月6日 -)は日本哲学者[1]京都橘大学名誉教授。福祉法人おひとりさま理事長[2]、大学評価学会顧問。 

概要[編集]

東京都出身。近代ヨーロッパ哲学の研究から出発し、現在は規範哲学(正義論や人権論)を専門としている。貧困問題や格差問題に詳しい。左派系の知識人であるが、近年では社会主義的な立場から成熟社会論を展開し、市民運動や革新組織のあり方についても問題提起をしている。

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『自由・平等・社会主義』(文理閣、1994年
  • 『戦後民主主義と人権の現在』(部落問題研究所1996年 増補改訂版2001年
  • 『日本的平等主義と能力主義・競争原理』(京都法政出版、1997年
  • 『現代正義論』(青木書店、1998年)
  • 『国境を越える人権』(三学出版、2000年)
  • 『グロール・ガバナンスの時代へ』(大月書店、2004年)
  • 『グローバリゼーションの権利論』(明石書店、2006年)
  • 『人生論の12週』(三学出版、2007年)
  • 『格差とイデオロギー』(大月書店、2008年)
  • 『成熟社会における人権、道徳、民主主義』(文理閣、2010年)
  • 『革新の再生のために』(文理閣、2012年)
  • 『成熟社会における組織と人間』(花伝社、2015年)
  • 『教科化された道徳への向き合い方』(かもがわ出版、2017年)

編著(共編著を含む)[編集]

  • 『グローバリゼーションと市民社会』(文理閣、望田幸男との共編、2000年)
  • 『ポスト戦後体制への政治経済学』(大月書店、大西広との共編、2001年)
  • 『教育基本法「改正」批判』(文理閣、2003年)
  • 『格差社会から成熟社会へ』(大月書店、大西広との共編、2007年)
  • 『成長国家から成熟社会へ-福祉国家論を超えて』(花伝社、大西広との共編、2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 碓井 敏正”. researchmap. 2016年11月3日閲覧。
  2. ^ 理事長あいさつ”. NPO法人おひとりさま. 2016年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]