碍子博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 碍子博物館
碍子博物館の位置(愛知県内)
碍子博物館
愛知県における碍子博物館
施設情報
位置 北緯35度17分20.08秒 東経136度56分30.95秒 / 北緯35.2889111度 東経136.9419306度 / 35.2889111; 136.9419306
プロジェクト:GLAM

碍子博物館(がいしはくぶつかん)は、愛知県小牧市にある日本碍子の企業博物館。ただし、一般には非公開である[1]

概要[編集]

1974年昭和49年)6月に完成[2]。日本碍子電力技術研究所に併設される形で所在する[1]1875年明治8年)製の国産碍子の現存最古とされる通信用ピン碍子をはじめとして、世界21ヶ国57メーカーに渡る碍子・保守工具類を所蔵・展示する[1]。常時展示品は300点ほどに過ぎないが、収蔵総数は5000点を超える[1]。また、現品以外にも、碍子の歴史や古文書・文献なども総合的に展示し、碍子研究の参考となるよう配慮されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 碍子博物館” (日本語). 日本碍子. 2015年7月12日閲覧。
  2. ^ 日本ガイシ(株)『日本ガイシ75年史』(1995.03)”. 渋沢社史データベース. 2015年10月28日閲覧。

関連文献[編集]

  • 『碍子博物館と碍子の歴史』 日本碍子。

外部リンク[編集]