硫化鉛(IV)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
硫化鉛(IV)
識別情報
CAS登録番号 12137-74-5 ×
PubChem 24863442
特性
化学式 PbS2
モル質量 271.332 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

硫化鉛(IV)は、化学式PbS2で表される化合物。この材料はより一般的である硫化鉛(II)(PbS)と硫黄を600度を超える温度で高圧で反応させることで生成される[1]。PbS2は関連する硫化スズ(IV)(SnS2)と同様、ヨウ化カドミウム型構造で結晶化する。このことはPbに4+の形式酸化数を割り当てるべきであることを示している[1]

p型半導体であり、熱電材料でもある[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Silverman, M. S. (1966). “High-pressure (70-kilobar) Synthesis of New Crystalline Lead Dichalcogenides”. Inorganic Chemistry 5 (11): 2067–9. doi:10.1021/ic50045a056. 
  2. ^ Cava, R.J. (2011). “Pressure Stabilized Se-Se Dimer Formation in PbSe2”. Solid State Sciences 13: 38–41. doi:10.1016/j.solidstatesciences.2010.10.003.