硝酸亜鉛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
硝酸亜鉛
識別情報
CAS登録番号 7779-88-6 チェック
19154-63-3 (四水和物)
10196-18-6 (hexahydrate)
EC番号 231-943-8
国連/北米番号 1514
RTECS番号 ZH4772000
特性
化学式 Zn(NO3)2
モル質量 189.36 g/mol(無水物)
297.49 g/mol(六水和物)
外観 無色のフレーク状の結晶
密度 2.065 g/cm3(六水和物)
融点

110℃(無水物)
45.5℃(3水和物)
36.4 ℃(六水和物)

沸点

125℃以下で分解(六水和物)

への溶解度 327 g/100 mL, 40℃(三水和物)
184.3 g/100 ml, 20℃(六水和物)
溶解度 アルコールに可溶
危険性
安全データシート(外部リンク) ICSC 1206
主な危険性 酸化剤
引火点 不燃性
関連する物質
その他の陰イオン 硫化亜鉛
塩化亜鉛
その他の陽イオン 硝酸カドミウム
硝酸水銀(II)
関連物質 硝酸銅(II)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

硝酸亜鉛(しょうさんあえん、zinc nitrate)は化学式 Zn(NO3)2 で表される亜鉛硝酸塩である。

性質[編集]

強力な酸化剤であり、可燃性物質や金属の硫化物、炭素リン硫黄などの還元性物質と激しく反応する。炭酸ナトリウムとの反応により、炭酸亜鉛硝酸ナトリウムが生成する。

このほか、染色における媒染剤としても使用される。経口摂取により痙攣チアノーゼなどの症状が現れる。

外部リンク[編集]