破滅のマルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
破滅のマルス
ゲーム
ゲームジャンル 恋愛アドベンチャー
対応機種 PlayStation 2
開発元 デザインファクトリー
発売元 アイディアファクトリー
メディア DVD-ROM1枚
発売日 2005年5月26日
レイティング 全年齢対象
キャラクター名設定 不可
エンディング数 9
セーブファイル数 12
キャラクターボイス 女性あり。男性はムービー内のみ。
OVA
監督 佐藤嘉晃
発売日 2005年7月6日
話数 1
テンプレート - ノート

破滅のマルス』(はめつのマルス)は2005年5月26日にアイディアファクトリーから発売されたPlayStation 2用アドベンチャーゲーム。また、それを原作としたOVA作品。

ゲーム概要[編集]

ステディ×スタディ』『天空断罪スケルターヘブン』に続く、アイエフメイトのアニメーション導入ゲーム作品。近未来を舞台にしたSFアドベンチャーである。シナリオの展開によって、敵味方の顔ぶれが大きく変化する。かつての仲間との死闘を余儀なくされる場面も少なくない。

ゲームシステム[編集]

戦闘はDCB (Double Circle Battle) システムによって表現される。まず、画面中央左側の青いディフェンスサークルと右側の赤いオフェンスサークルが表示される。次に2つの円を移動するアイコンと円周上に静止したアイコンが出現し、この両者が重なったときにプレイヤーが対応するボタンをタイミングよく押すことで入力成功となる。オフェンスサークルで成功すると敵の体力を削ることができ、ディフェンスサークルで失敗すると自分の体力が減る。規定ターン内に敵の体力を0にできれば戦闘の勝利、自分の体力が尽きれば敗北となる。また、時間切れになることもあり、それぞれの結果に応じてシナリオが分岐する。

ストーリー[編集]

火星探査船が惑星表面で謎の遺跡を発見した。遺物を回収して地球へと帰還した船は大気圏で爆発炎上し、日本へと墜落する。それ以来、遺跡人と呼ばれる怪物が現れ、暴れるようになった。

数か月後、遺跡人と戦い続ける若者たちの姿があった。彼らの切り札、それはマルスの名で呼ばれる特殊防護服だった。

登場人物[編集]

日向 タケル(ひなた タケル)
 : 大河望
遺跡人と戦う組織AASTの隊員。争いを好まず、人の言いなりになりやすい性格。数少ないマルスの適合者の1人。
マルス
地球人類を遺跡人から守るための特殊防護服、またはその着用者の名称。ある種の抗体を持ち、DNAパターンが一致するという条件を満たした者のみが着用できる。使用時は人間を越えた力を発揮できるが、次第に好戦的な性格に変わっていき、10分を過ぎると暴走して防護服と一体になってしまう。
栗田 葵(くりた あおい)
声 : 茅原実里
真面目で熱心な性格の女性。困った人を放っておけず、タケルのこともよく気にかけている。
中原 巴(なかはら ともえ)
声 : 中山恵里奈
AAST隊員のリーダー格。クールで自己の信念に従った行動をする。
海野 山吹(うんの やまぶき)
声 : 相沢あすか
マイペースなドジっ子。なにかと無頓着だが、興味のある分野にだけは天才的な能力を発揮する。
磯之 静(いその しずか)
声 : 名塚佳織
丁寧な物腰のお姉さん役。頭脳明晰で、隊長からも一目置かれている。
川越 京子(かわごえ きょうこ)
声 : 川淵由香里
AAST隊長で、タケルたちの上司。怜悧な現実主義者。
相馬 シゲル(そうま シゲル)
中盤から登場する、タケル以外で初めての男性AAST隊員。文武両道の自信家だが、才能をひけらかすことはしない。ヒロインよりもタケルに親しげに接する。

ゲームスタッフ[編集]

OVA[編集]

2005年7月6日にキングレコードより販売。

外部リンク[編集]

脚注[編集]