砲車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

砲車(ほうしゃ)は大砲を運搬移動するために砲架に2輪あるいは4輪の車輪を取り付けた台車のことである。

車体 [編集]

1904年に始まった日露戦争では、日本の砲車カシ材を使ったものであったため、ロシアの砲車(ヤシャブシで代用していた)よりも優れていたという見分結果がもたらされている。欧州では硬いカシの入手が困難であった[1]

脚注 [編集]

  1. ^ 「日本林業アーカイブス 技術と暮らしの記憶 第6回」『GR現代林業』通巻648号、全国林業改良普及協会、2020年6月1日

画像[編集]