砥川 (長野県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
砥川
砥川 2012年6月25日撮影
下諏訪町西赤砂
水系 一級水系 天竜川
種別 一級河川
延長 12.9 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 59.8 km²
水源 車山
河口・合流先 諏訪湖長野県諏訪市
流域 日本の旗 日本 長野県
テンプレートを表示

砥川(とがわ)は、長野県下諏訪町西部を流れる一級河川である。車山に源を発し、諏訪湖へ流入している。

歴史[編集]

豊富な湧き水を誇り、古くから灌漑用水として使用されてきた。1846年弘化3年)には菰川汐、1708年宝永5年)には萩倉汐など多くの汐が開削された。

1900年明治33年)には落合発電所が完成し、諏訪地方電気の時代が到来した。支流東俣川からを取り入れて発電する水力発電所で、当初は60キロワットの電力を発生することができた。その後、東俣川上流で蝶ヶ沢発電所が、落合発電所の下流で砥川発電所が運転を開始しているほか、落合発電所の出力増強も行われ、現在に至るまで発電をし続けている[1]

下諏訪ダム計画[編集]

当初ダム計画案があったが、長野県知事であった田中康夫脱ダム宣言により計画が中止された。

支流[編集]

流域の自治体[編集]

長野県
下諏訪町

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「諏訪地方に電気を送って百年 諏訪地方の電気発祥の地」より。

参考文献[編集]

  • 中部電力諏訪電力センター「諏訪地方に電気を送って百年 諏訪地方の電気発祥の地」2000年。(現地案内板)

関連項目[編集]