砂子塾長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

砂子 塾長(すなこ じゅくちょう、本名:砂子 智彦(すなこ ともひこ)、1964年11月6日 - )は、東京都出身のレーシングドライバー[1]

略歴[編集]

往年の名ドライバー、砂子義一の子として生まれる。趣味はウェイクボードスノーボードスカイダイビングゴルフ等多彩である。また愛犬家であり、スポーツランドSUGOで行われたレースの予選中にコースを横断した子犬が、保健所送りとなる前に引き取り『じゅく』と命名して愛育している。

1985年の富士フレッシュマンレースでデビューし、その後全日本F3選手権やJSSを始めとする様々なレースカテゴリーに参戦する。1992年からN1耐久(現スーパー耐久)に参戦、日産ピーズモータースポーツ/メンテナンス&運営(現日産プリンス東京販売モータースポーツ室)から日産プリンス東京(チーム)としてスカイラインGT-R(BCNR33型)で1996年にスーパー耐久・クラス1でシリーズチャンピオンを獲得する。この時のセカンドドライバーは福山英朗。1997年からは全日本GT選手権(現SUPER GT)にも参戦するが、1998年5月に富士スピードウェイ太田哲也フェラーリ・F355と衝突した際に重傷を負い、しばらくレースから遠ざかることとなった。しかしリハビリに励んだことによって回復。のちレース復帰を果たし、様々なカテゴリーでレースに参戦し続けたが、2008年シーズン終了をもってレーシングドライバーを引退した。

テストドライバーや開発ドライバーとしても活躍する他、軽妙なキャラクターや話術から、雑誌記事の執筆やテレビ番組のレポーターなどでも活躍している。また、雑誌記事の企画で「リア駆動男塾」を開催、その場で「塾長」と呼ばれていた事から、現在の活動名の由来となり、1999年にはスカイラインGT-Rユーザー有志によって、十勝インターナショナルスピードウェイの協力の下「GT-R砂子塾 in TOKACHI」が開催、これが発展して十勝・東京・関西において私的ドライビングスクール「砂子塾」を開催するようになった。砂子塾のモットーは、『車をいかに安全に止められるか』である。塾生に対しては、レース参加者はもちろんサーキットでのフリー走行でも『無事故・無違反・完走』を強く提言している。十勝で毎年行われる十勝24時間レースでは、ピットウォーク時に北海道盲導犬協会と協力して募金活動を行うという側面も持っている。

なお引退後は「『普通のちょっと面白い小ヤジ・砂子智彦』に戻ります。」とのことで[2]、家族揃って石垣島に移住する方針を明らかにしていたが[3]、本人のブログによればその後西表島を経て、東京に戻ってきている。

2018年にはブランパンアジアにBMW M4 GT4でデビューするBMW Team Studieのドライバーに選ばれ現役復帰。パートナーは木下隆之[4]。第5戦鈴鹿で優勝を飾っている。

レース戦歴[編集]

  • 1995年
    • N1耐久シリーズ・クラス1(日産ピーズモータースポーツ #23 プリンス東京フジツボGT-R)
  • 1997年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(910 RACING #910 ナインテンポルシェ)(シリーズ13位)
  • 1998年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(910 RACING #910 ナインテンポルシェ)(シリーズ23位)
    • スーパー耐久・クラス1(#23 プリンス東京フジツボGTR)
  • 1999年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(TEAM TAISAN Jr.#26 TAISANポルシェRSR)(シリーズ18位)
  • 2000年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(910 RACING #911 ダイアモンドアドバンポルシェ)(シリーズ25位)
    • スーパー耐久・クラス1(トトムFUJITSUBOレーシング #23 トトムFUJITSUBO GTR)
  • 2001年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(910 RACING #910 910ロディオドライブアドバンポルシェ)(シリーズ3位)
    • スーパー耐久・クラス1(トトムFUJITSUBOレーシング #23 トトムFUJITSUBO GTR)
  • 2002年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(#28 MY&CタイサンADVAN GT3R)(シリーズ21位)
    • スーパー耐久・クラス1(JMC RACING DIVISION #19 JMCダンロップ GTR・ED)
    • 十勝24時間レース・クラス1(#3 エンドレスアドバンGT-R)(総合2位・クラス1位)
    • 鈴鹿1000km・S-Eクラス(#34 ススキレーシングアドバンGT-R)
  • 2007年
    • 十勝24時間(RSオガワ #20 RSオガワ ADVAN ランサー)
  • 2008年
    • スーパー耐久・ST2クラス(#37 シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー)(シリーズ1位)

全日本GT選手権/SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1997年 910 RACING ポルシェ・911 GT300 SUZ FSW
8
SEN
4
FSW MIN 13位 13
ecurie SiFo ルノースポール・スパイダー SUG
18
1998年 910 RACING ポルシェ・911 GT300 SUZ
5
FSW
C
SEN FSW TRM MIN SUG 23位 8
1999年 TEAM TAISAN Jr. GT300 SUZ
5
FSW SUG MIN FSW TAI 20位 10
910 RACING TRM
9
2000年 GT300 TRM
Ret
FSW
8
SUG
Ret
FSW
9
TAI MIN SUZ
12
25位 5
2001年 GT300 TAI
5
FSW
6
SUG
2
FSW
6
TRM
10
SUZ
4
MIN
5
3位 54
2002年 TEAM TAISAN Jr. GT300 TAI FSW
7
SUG SEP 21位 7
910 RACING FSW
14
TRM MIN
8
SUZ
2003年 GT300 TAI FSW
17
SUG FSW
21
FSW
15
TRM
11
AUT SUZ
16
NC 0
2004年 GT300 TAI
16
SUG
24
SEP
15
TOK
19
TRM
12
AUT
22
SUZ
20
NC 0
2005年 GT300 OKA
Ret
FSW
18
SEP
15
SUG
15
TRM
17
FSW
Ret
AUT
15
SUZ
20
NC 0
2006年 ENDLESS SPORTS GT300 SUZ OKA FSW SEP SUG SUZ
Ret
TRM AUT FSW NC 0

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ドライバー・データベース”. www.driverdb.com. 2019年11月11日閲覧。
  2. ^ 引退宣言
  3. ^ 東京中日スポーツ・2008年11月19日付
  4. ^ [1]

外部リンク[編集]