砂場 (蕎麦屋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
砂場「いづみや」店内。摂津名所図会

砂場(すなば)は、大坂(大阪)を起源とする蕎麦老舗のひとつ。蕎麦屋の老舗としては、更科とあわせて3系列が並べられることが多い。

歴史[編集]

名称の由来は、大坂城築城に際しての資材置き場のひとつ「砂場」によるものとされる[1]

砂場(大坂)の正確な創立年代はわかっておらず諸説ある。

最も古い説では大坂城築城開始の翌年の1584年に「津国屋」が創業としているが、この説については食文化史から疑問が提示されている。1757年に出版された『大坂新町細見之図澪標』の中に、「津国屋」と「和泉屋」という2軒の麺店が見られる。和泉屋については、1730年に出版された別文献にも、店頭風景が掲載されており、遅くともこの年までに成立している。この2軒について、場所名で呼ぶことが定着し、「す奈バ」(砂場)の屋号が生まれたものと考えられている。

1799年の『摂津名所図会』の大坂部四下の巻新町傾城郭の項には「砂場いづみや」の図があり、そば切りとうどんの両方を提供しているように見える[2]

これらの店は現在存在しないが、大阪市西区新町二丁目の「新町南公園」に砂場発祥の石碑が建てられている。

江戸への進出[編集]

江戸への進出時期についても明確な記録はないが、1751年に出版された『蕎麦全書』に「薬研堀大和屋大坂砂場そば」の名称が、1781年-1789年に出版された『江戸見物道知辺』に「浅草黒舟町角砂場蕎麦」の名称が、それぞれ見られる。ただし大坂の砂場との関係は明らかではない。

江戸末期の1848年に出版された『江戸名物酒飯手引草』には、6軒の「砂場」が紹介されている。

蕎麦屋の定番商品となっている「天ざる」は、1955年室町砂場で開発されたものとされる[要出典]が定かではない。

神田多町の砂場[編集]

江戸時代から続く砂場のほかに、1924年に東京の神田多町に「砂場」を名乗る蕎麦屋が誕生している。

現在の砂場[編集]

南千住砂場・1954年建築で荒川区の文化財
虎ノ門大坂屋砂場・1923年(大正12年)建築の木造2階建て

江戸時代にすでに存在していた「砂場」のうち、「南千住砂場」、「巴町砂場」の2軒は2013年現在も営業中である。

南千住砂場[編集]

東京都荒川区南千住(三ノ輪)、商店街「ジョイフル三ノ輪」の中にある。江戸時代に記録がある「糀町七丁目砂場藤吉」が移転して存続したもの。建物は1954年の木造建築で荒川区の文化財指定を受けている。

なお、糀町七丁目砂場藤吉からは、幕末に室町砂場(旧本石町砂場)・明治初期に虎ノ門砂場(琴平町砂場)が分岐している。うち虎ノ門砂場の建物は、戦災を免れた1923年建築の木造三階建てのもの。

巴町砂場[編集]

東京都港区虎ノ門(旧・芝西久保巴町)にあり、1839年から現在地で営業している[3]。江戸時代に記録がある「久保町すなば」が移転して存続(なお、巴町砂場と、糀町から分岐した虎ノ門大坂屋砂場は、非常に近いところにある)。

砂場会[編集]

江戸時代からの砂場の系列店は、1933年に砂場長栄会を結成した。その後、神田多町系の砂場の系列店が大量に砂場長栄会に入会し、1955年には砂場会となった。また、1956年には商標登録を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 『大阪・上方の蕎麦』江戸そばの源流” (日本語). 勢見恭造. 2013年2月24日閲覧。
  2. ^ 『大阪・上方の蕎麦』大阪の蕎麦” (日本語). 勢見恭造. 2013年2月24日閲覧。
  3. ^ 萩原長昭. “そばってのは粋に食うものですよ”. フード・ラボ. 2014年5月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]