砂たまご

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
砂たまご

砂たまご(すなたまご、砂卵とも)とは、鶏卵を利用した鳥取県鳥取市ご当地グルメ。誕生したのは2001年10月21日[1]と日は浅いが、鳥取県発明くふう展鳥取県知事賞を、全国観光お土産品審査会日本観光協会会長賞をそれぞれ受賞しており[2]、県内のみならず全国的にもその名が知られつつある。

概要[編集]

鳥取県岩美郡福部村(現鳥取市福部町)の村民が、当時村域に存在していた鳥取砂丘の名物について意見を出し合う中で、温泉卵をヒントに考案[3]。その後紆余曲折を経て、水分を含んだ砂丘に、地元産の因州和紙で包んだ地鶏を埋め、240度の高温で25分間をかけて、蒸し焼きにする製法を編み出すこととなる[1] [3]。この製法は全国初とあり[2]特許出願ならびに商標登録を完了[1]

蒸し焼きにしているためか、白身に仄かな焦げ目が付いており、黄身のようなホクホクとした食感が楽しめる[1]。栄養価に関しては、普通のゆで卵と比して水分が少ない一方で、タンパク質ナトリウム脂質鉄分炭水化物カルシウムを多く含むという[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 肉類・畜産加工品山陰鳥取春夏秋冬特産旬の市公式サイト
  2. ^ a b 鳥取砂丘のお土産に…「砂たまご」とっとり砂丘王国公式サイト
  3. ^ a b 「砂たまご」って何だ?鳥取県公式サイト
  4. ^ とっとり@東京インフォメーション 第305号鳥取県東京本部公式サイト